奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心に沁みる故 Eva Cassidy の「Over The Rainbow」

いつもギターの構造関係のことばっかり書いているので、読んでもチンプンカンプンで全然面白くない方々もいらっしゃるかもしれませんが(笑)、今回はギターの構造関係の話ではなく、あるミュージシャンの話をしたいと思います。

まず下の動画をご覧下さい。



彼女の名前は Eva Cassidy といい、アメリカのワシントンD.C. 周辺で活動していたシンガーです(もちろんアメリカ人)。「活動していた」と過去形で書いたのは、Eva は1996年11月に33才の若さで癌で亡くなっています。生前はワシントンD.C. 周辺だけでしか知られていないローカルのシンガーで、全米はもちろんのこと、世界的にも全く知られていませんでした。

Eva が亡くなった2年後の1998年、あるイギリス人が彼の友人である BBC Radio2 のプロデューサーの下へ Eva の音源を持ち込みました。そのイギリス人はプロデューサーに言いました。

「素晴らしいシンガーだから是非聴いてくれ。」

するとプロデューサーは、

「分かった。後で聴くよ。」

と言い、無造作にデスクの上に山積みになった書類の上に置きました。

するとそのイギリス人はこう言いました。

「いや、今すぐ聴いてくれ。」

それでプロデューサーはすぐにその音源を聴くことにしたのです。

プロデューサーはその音源を聴いてビックリし、そしてその素晴らしさに感動したそうです。それが上の動画で歌う、Eva Cassidy の「Over The Rainbow」だったのです。

プロデューサーはすぐに Eva の「Over The Rainbow」をオンエアーする決定を下し、故 Terry Wogan 氏が DJ を務める番組で「Over The Rainbow」が何度も流されました。リスナーの反響は大きく、シングルとして発売された「Over The Rainbow」は瞬く間に全英チャートを駆け上がり、あっという間に全英1位になりました。Eva の音源を集めた CD、「Songbird」も同年に発売され、これも全英チャート1位に輝きました。

BBC のテレビ番組に、「Top Of The Pops」という音楽番組があったのですが、これは全英チャート上位の曲を紹介する番組でした。しかし、1998年当時はまだ Eva が歌っている映像が無く、番組側も困っていました。それから2年後の2000年、アマチュアカメラマンが撮影した、Eva が「Over The Rainbow」を歌う映像が発見されたのです。それが上に掲載した映像です。「Top Of The Pops」は何度もこの映像をオンエアーしました。Eva が「Over The Rainbow」を歌っている現存する映像はこれだけなのです。

イギリスの女性シンガー、Katie Melua はこの頃10代前半で、Eva Cassidy に多大なる影響を受けたと言っており、Eva の音楽に出会わなければ、音楽を始めることはなかったかもしれないとまで言っています。Katie は2007年に Eva とのデュエット曲(もちろんリミックスされている)、「What A Wonderful World」を発売し、この曲も全英チャート1位になりました。そのデュエットが下の動画です。



そして下の動画が、Eva Cassidy が歌うオリジナルの「What A Wonderful World」です。この動画もアマチュアカメラマンが撮影したホームビデオです。



Katie Melua は「Over The Rainbow」もテレビ番組で Eva Cassidy とデュエットしており、それが下の動画になります。



Eva Cassidy の透き通った歌声はイギリス人の心を魅了しました。そして逆輸入という形で全米でも大ヒットし、全世界にその名が知れ渡ることになったのです。自分の音楽が全世界に知れ渡ることを知らずに亡くなった Eva ですが、きっと天国で喜んでいることでしょう。

1996年、Eva の癌が発見された時はもう既に末期でした。1996年9月、Eva は激痛を和らげるために強力なモルヒネ(鎮痛剤)を打ち、松葉杖をついてライブハウスに現れ、ステージ上にあるストゥールに座って最後の演奏をしました。観客は Eva の癌のことを知っており、みんな涙を流していたそうです。そして Eva が最後に歌ったのが、「What A Wonderful World」でした。

そしてこの最後の演奏の6週間後、Eva は永眠しました。



私は子供の頃から海外に憧れ、いつか行ってみたいと思っていました。10代の頃に初めて聴いた「Over The Rainbow」が、その海外への憧れといつも繋がっていました。虹の向こうにはどんな素晴らしいものがあるのだろうといつも思っていました。虹の向こう、そして「Over The Rainbow」、「What A Wonderful World」の両方の歌に出てくる青空を見つめながら、今でも遠い向こうにはきっと何か素晴らしいものがあるのだと信じながら生きていきたいと思っています。

最後になりますが、Eva Cassidy の素晴らしさは歌声だけではなく、ギター演奏も優れています。ギター演奏は9才の時から始めたそうです。「Over The Rainbow」で奏でるギター演奏は素晴らしく、YouTube ではレッスン動画もあるほどです。下の動画がそのレッスン動画ですが、みなさん練習してみては如何でしょうか?





それでは次回はギターの話に戻ります。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2016/05/05(木) 06:05:01|
  2. ミュージシャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

重宝しているネックアイロン

今回はネックアイロンの話です。

ネックが順反り、又は逆反りしてしまい、トラスロッドでは修正が効かない場合は、ネックアイロンでネックを温めて反りを矯正します。特に考えられるトラブルとしては、

1.順反りが大きく、トラスロッドで矯正してもまだ順反りしている場合。
2.逆反りしていて、トラスロッドが順反りにしか対応出来ない 1-Way の場合(2-Way は逆反りに対応可能)。
3.ネックにトラスロッドが入っていなくて、順反り、又は逆反りしている場合。

ネック矯正用のネックアイロンは、25年以上前にアメリカに住んでいる時、ギターの道具・材料の専門店、 Stewart-MacDonald (省略して Stewmac と呼ばれている)から購入しました。Stewmac にはこれまで発売中止になった道具も多く、このネックアイロンもその一つです。現在ネットで検索しても、ネックアイロンを販売しているところがなかなか見つかりません。ただ一つ見つかったのは、Aria のネックアイロンです。但し、かなり値段が高いですね。私のネックアイロンの5倍はします。現在でも重宝している道具なので、買っておいて本当に良かったと思っています。

3508.jpg

順反りを矯正する場合は、1フレットとネックジョイント部分の指板上にスペーサーを敷き、その上にネックアイロンを置きます。そしてネックアイロンの真ん中辺りを C クランプで締めてネックを逆反り状態にします。ネックアイロンの電源をオンにし、大体1時間から1時間半ぐらいネックを温めます。ネックの裏を触ってみて熱くなっていたらオッケーです。それから電源をオフにして次の日までクランプを締めたままで冷やします。クランプで締めて逆反りにしていても、クランプを外すとある程度の戻りがあるので、ちょうど真っ直ぐな状態になっていればしめたものです。しかし、どれぐらいの戻りがあるのかはネックによってまちまちです。簡単に曲がるネックもあれば、なかなか曲がらないネックもあります。曲がりが少なくてまだ順反り状態ならば、もう一度 C クランプで逆反りに締めて温めなければなりません。逆に締め過ぎて逆反りになってしまったら、今度は C クランプで締める箇所を変えて順反り状態にして温めなければなりません。面倒なのですが、カンを頼りに作業をやらなければなりません。

3509.jpg

3510.jpg

3511.jpg

下の写真の 1930年製 Kalamazoo by Gibson の KG-14 にはトラスロッドが入っていないのですが、ネックが分厚くてなかなか曲がらず、数回目でやっとネックが真っ直ぐになりました。

3512.jpg

なかなか曲がらないネックは Fender のネック(下の写真)です。メイプルのネックは手強いですね。

3513.jpg

下の写真の Martin D-28 は思った以上にネックが曲がって逆反りになってしまいました。

3514.jpg

逆反りになってしまったネックを真っ直ぐにするため、スペイサーをネック中央に敷き、2つのクランプを1フレットとネックジョイント辺りで締めて順反り状態にします。

3515.jpg

3516.jpg

ネックの熱加工は、どれだけクランプを締めれば良いかの判断が難しく、カンに頼るしかありません。それに何回もネックを温めていると、木の収縮により、収縮しないフレットの端が飛び出してしまいます。出来れば一発で終わらせたいのですが…。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



  1. 2016/04/30(土) 00:09:54|
  2. 道具・工具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Lowden の塗装凹み修復 #2 最終回

前回の記事、「Lowden の塗装凹み修復 #1」の続きです。この連載は2回で、今回が最終回です。

塗装修復するギターは Lowden の40周年記念モデル、F-50C/LH です。お客さんがギターを倒してしまい、トップの表面と角に深いキズが付いてしまいました。Lowden Guitars に使用してある塗装はポリウレタン系であるため、シンナーには溶けません。そこでアートナイフを使って凹んだ部分の塗装を丁寧に取り除き、ハンダゴテと湿らせたキッチンタオルを凹んだ部分に当てて凹みを少し持ち上げましたが、それでも凹みはあります。

今回の修復は Lowden Guitars のオーナー、George Lowden 氏とも連絡を取り合って行いました。Lowden の塗装はポリウレタン系であるため、ニトロセルロース・ラッカーのように古い塗料と新しい塗料が溶け合いません。そこでスーパーグルー(瞬間接着剤)を重ね塗りすることになりました。表面はスムーズに出来ますが、光に当てると違う物質であることは認識出来ます。それと修復部分の色はどうしても濃くなってしまいます。お客さんにはパーフェクトにはならないと伝えてあり、本人もそれを了承しています。

下の写真は重ね塗りして乾燥したスーパーグルーをスクレイプ(削り)しているところです。重ね塗りした時の写真を撮るのを忘れてしまいました。

3495.jpg

重ね塗りして盛り上がったスーパーグルーをスクレイプし(削り)、平らになったらウェットサンディングを行います。

サテンフィニッシュ(艶消し)には2種類あり、ウェットサンディングで最終仕上げを終了するか、細かい粒子の塗料をスプレーで吹き付け、それを最終仕上げとして(サンディングなし)終了するかです。Martin や Santa Cruz のネックは後者で行われていますが、Lowden の場合は、ギター全体をウェットサンディンだけで仕上げを終了するサテンフィニッシュです。表面をよく見てみると、サンディングマークが木目と同じ方向に沿って見られます。ある番号のサンディングペーパーから始め、ある番号で終了します。サンディングペーパーの番号は企業秘密です(笑)。

ある番号のサンディングペーパーで最終仕上げをするのですが、これが難しい。新しいものの全体をサンディングするのならもっと簡単かもしれませんが、修復の場合は、周りの塗装と上手くブレンドさせなければならず、艶消しの場合はこれが難しいのです。真新しいサンディングペーパー、少し使ったもの、かなり使ったものでは塗装の表面の艶消しの見え方が違うのです。真新しいサンディングペーパーならば艶消しが強いし、かなり使ったものだと光沢が強くなってしまいます。いろいろと試行錯誤しながら、どうにか周りの古い塗装とブレンドさせることが出来ました。

下の写真をご覧下さい。表面は滑らかになり、艶消しの度合いも周りに溶け込みました。ただどうしても修復部分は色が濃くなってしまいます。これは見る角度によっても変わります。

3496.jpg

3497.jpg

3498.jpg

ピックガード横の縦に凹んだキズですが、下の写真は盛り上がって乾燥したスーパーグルーをスクレイプしているところです。すくレイプ前の盛り上がった状態の写真を撮り忘れました。

3499.jpg

下の写真でも分かるように、ピックガード横のキズはあまり目立たなくなりました。

3500.jpg

カッタウェイのバインディングの角に入った2つの凹みですが、まずハンダゴテと湿ったキッチンペーパーを使って凹んだ部分を浮き上がらせるようにしましたが、やはりある程度の限界があり、足りない分は新しい木片を埋め込むことにしました。かなり小さな木片になるのでかなり苦労しました。

3491.jpg

3501.jpg

こんな具合に埋め込みが完了しました。この上にスーパーグルーを重ね塗りします。その写真も撮り忘れました。

3502.jpg

下の写真のように仕上がりました。ちょっと色が違いますが、キズがあるよりはマシでしょう。

3503.jpg

塗装修復後、ギター全体のセットアップも行いました。高音側の弦高が高かったので、サドルの底を削って調整しました。Lowden のサドルはスプリットサドル(2ピース)になっているので、1ピースに比べると作業が面倒臭いです。線を引くのにも苦労します。

3504.jpg

ちょうど良い弦高になりました。

3505.jpg

ギターのサイドですが、綺麗な African Blackwood ですね。

3506.jpg

修復前は白いキズが目立っていましたが、修復後はご覧のように目立たなくなりました。ニトロセルロース・ラッカー塗装の場合はもっと目立たなくなるのですが、ポリウレタンの場合は難しいですね。

3507.jpg

お客さんには、キズは目立たなくなるけど、パーフェクトにはならないと何度も伝えていました。実際に修復後のギターを見てみると、予想していた以上に出来栄えが良かったので、「君は天才だ!」とお褒めの言葉を頂戴しました。嬉しかったです。

お客さんはかなり気に入ってくれたので、私も一安心しました。

サテンフィニッシュの修復は難しいですね。スプレーで吹き付けて仕上げしているサテンフィニッシュはもっと厄介かもしれません。みなさん、ギターにはキズを付けないようにしましょうね。




*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************

  1. 2016/04/22(金) 10:36:14|
  2. 塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Lowden の塗装凹み修復 #1

今回は Lowden の塗装修復です。去年 Lowden Guitars の公認リペアーマンになってから、Lowden の塗装修復はこれが初めてです。Lowden の塗装は他のメーカーに多く見られるニトロセルロース・ラッカーではなく、ポリウレタン系の塗料が使用されています。そして仕上げは光沢のあるグロスフィニッシュではなく、艶消しのサテンフィニッシュです。サテンフィニッシュはグロスフィニッシュに比べると修復が難しいんですよね。

工房に持ち込まれた Lowden のギターは F-50C/LH で、カッタウェイの左利き用です。通常のモデル名は F-50 ですが、Cutaway (カッタウェイ)の C と Left-handed (左利き)の LH は付いています。このギターは2年前の2014年に発表された Lowden の40周年記念モデルで、トップは Redwood、バックとサイドは African Blackwood という高級な木材が使用されています。

3483.jpg

3484.jpg

3485.jpg

3486.jpg

3487.jpg

3488.jpg

下の写真をご覧下さい。トップの左端に白いキズがあるのが分かると思います。1枚目と2枚目の写真でも分かりますよね。これはお客さんがギターを倒して付いたキズです。

3489.jpg

凹みは深く、その部分の塗装は割れています。

3490.jpg

カッタウェイ部分のバインディングの角にも深いキズが2ヶ所あります。

3491.jpg

もう1ヶ所は透明のピックガードのすぐ横にありました。下の写真がそうなのですが、修復前の撮影を忘れてしまいました。写真は修復途中のものです。

3492.jpg

ポリウレタン系の塗装はシンナーで溶けないので、塗装の割れた部分をアートナイフを使って丁寧に取り除きます。丁寧にやるのですが、どうしても若干の木片が塗装にくっ付いて剥がれてしまいます。なるべく最小限に留めておくようにしなければなりません。

3493.jpg

ハンダゴテと濡れたキッチンタオルを使って潰れて凹んだ部分を浮き上がらせるようにしましたが、これが限界です。

ニトロセルロース・ラッカーならば、古いラッカーと新しいラッカーは溶け合うので、かなり良い感じで修復出来るのですが、ポリウレタン系の塗装はそう簡単にはいきません。おまけにサテンフィニッシュです(グロスフィニッシュより難しい)。お客さんにはパーフェクトな修復は出来ないけど、今よりはマシになるとは伝えてあります。

3494.jpg

今回の塗装修復は、Lowden Guitars のオーナー、George Lowden 氏とやり取りをしながら進めました。氏曰く、塗装を剥がして再塗装しない限り、パーフェクトな修復は望めないということです。

今回は2回の連載なので、次回で修復は終了します。次回をお楽しみに。

つづく。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************

  1. 2016/04/19(火) 12:06:33|
  2. 塗装
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1937年製 Gibson L-00 の塗装リペアー その5 最終回

前回の記事、「1937年製 Gibson L-00 の塗装リペアー その4」の続きです。

いよいよ今回が5回続いたシリーズの最終回になります。ギターは1937年製の Gibson L-00 です。故意に付けられたとしか考えられない表板の網目のキズの修復を行いました(その他の修復も同時に行う)。新しくキズに塗ったニトロセルロース・ラッカー液が完全に乾燥するにはある程度の時間を要するので、お客さんに一旦ギターを持って帰ってもらい、4週間後に再び工房まで持って来てもらうことにしました。ラッカーは乾燥したと思っていても、しばらくの間は収縮します。

4週間後、いよいよ塗装修復箇所のスクレーピング、サンディング、バフィング、そして最終のポリッシュです。新品のギターならば光沢のある完璧な仕上がりを目指しますが、このギターは1937年製のビンテージなので、その年季の入った塗装に合わせた仕上がりにします。

最初は下の写真のような状態でした。

3435.jpg

キズにラッカーを塗り、

3466.jpg

4週間後に仕上げると、下の写真のようになりました。ビンテージの塗装なので、なるべく完璧は求めず、周辺の塗装に合わせて仕上げました。

3475.jpg

サウンドホールの周りの白くなっていたところにも色を塗りました。

3476.jpg

フラットピックが当たって大きなキズが入っていた3箇所もご覧のように綺麗になりました。

3477.jpg

表板の他の部分も綺麗に仕上がりました。

3478.jpg

3479.jpg

3480.jpg

渋いビンテージに仕上がり、なかなかいい感じです。お客さんにも大変喜んで頂きました。

3481.jpg

3482.jpg

塗装修復は乾燥に時間が掛かるし、周辺の塗装と合わせるのが難しかったりします。ビンテージ塗装の修復は大変でもあるのですが、完璧に仕上げなくて良いという楽な部分もあります。とにかく綺麗に仕上がって一安心です。

「その1」の中にあった曇ったサイドの表面ですが、お客さんは塗装が傷んでいるのだと思っていたようですが、やはりあれは汚れでした。ポリッシュで磨くと汚れが取れ、綺麗な光沢のある表面に変身しました。残念なことに、写真を取り忘れました。

と言うことで、5回続いたビンテージ物の塗装修復の話はこれで終わりです。5回続けて読んで頂いた方々には大変感謝しています。

ではまた。

*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



  1. 2016/04/14(木) 22:54:49|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (18)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (117)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (6)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (18)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (13)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。