奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重宝しているネックアイロン

今回はネックアイロンの話です。

ネックが順反り、又は逆反りしてしまい、トラスロッドでは修正が効かない場合は、ネックアイロンでネックを温めて反りを矯正します。特に考えられるトラブルとしては、

1.順反りが大きく、トラスロッドで矯正してもまだ順反りしている場合。
2.逆反りしていて、トラスロッドが順反りにしか対応出来ない 1-Way の場合(2-Way は逆反りに対応可能)。
3.ネックにトラスロッドが入っていなくて、順反り、又は逆反りしている場合。

ネック矯正用のネックアイロンは、25年以上前にアメリカに住んでいる時、ギターの道具・材料の専門店、 Stewart-MacDonald (省略して Stewmac と呼ばれている)から購入しました。Stewmac にはこれまで発売中止になった道具も多く、このネックアイロンもその一つです。現在ネットで検索しても、ネックアイロンを販売しているところがなかなか見つかりません。ただ一つ見つかったのは、Aria のネックアイロンです。但し、かなり値段が高いですね。私のネックアイロンの5倍はします。現在でも重宝している道具なので、買っておいて本当に良かったと思っています。

3508.jpg

順反りを矯正する場合は、1フレットとネックジョイント部分の指板上にスペーサーを敷き、その上にネックアイロンを置きます。そしてネックアイロンの真ん中辺りを C クランプで締めてネックを逆反り状態にします。ネックアイロンの電源をオンにし、大体1時間から1時間半ぐらいネックを温めます。ネックの裏を触ってみて熱くなっていたらオッケーです。それから電源をオフにして次の日までクランプを締めたままで冷やします。クランプで締めて逆反りにしていても、クランプを外すとある程度の戻りがあるので、ちょうど真っ直ぐな状態になっていればしめたものです。しかし、どれぐらいの戻りがあるのかはネックによってまちまちです。簡単に曲がるネックもあれば、なかなか曲がらないネックもあります。曲がりが少なくてまだ順反り状態ならば、もう一度 C クランプで逆反りに締めて温めなければなりません。逆に締め過ぎて逆反りになってしまったら、今度は C クランプで締める箇所を変えて順反り状態にして温めなければなりません。面倒なのですが、カンを頼りに作業をやらなければなりません。

3509.jpg

3510.jpg

3511.jpg

下の写真の 1930年製 Kalamazoo by Gibson の KG-14 にはトラスロッドが入っていないのですが、ネックが分厚くてなかなか曲がらず、数回目でやっとネックが真っ直ぐになりました。

3512.jpg

なかなか曲がらないネックは Fender のネック(下の写真)です。メイプルのネックは手強いですね。

3513.jpg

下の写真の Martin D-28 は思った以上にネックが曲がって逆反りになってしまいました。

3514.jpg

逆反りになってしまったネックを真っ直ぐにするため、スペイサーをネック中央に敷き、2つのクランプを1フレットとネックジョイント辺りで締めて順反り状態にします。

3515.jpg

3516.jpg

ネックの熱加工は、どれだけクランプを締めれば良いかの判断が難しく、カンに頼るしかありません。それに何回もネックを温めていると、木の収縮により、収縮しないフレットの端が飛び出してしまいます。出来れば一発で終わらせたいのですが…。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2016/04/30(土) 00:09:54|
  2. 道具・工具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっぱりこっちの工具の方がやりやすい

以前にもお話しした事があるのですが、Santa Cruz Guitar Company(SCGC) のトラスロッドはボディー内のネックブロックにナットがあります。私がリペアーを担当しているギターショップ、Ivor Mairants は SCGC の英国総代理店であり、SCGC から直接、トラスロッド用のレンチが供給されています。

トラスロッドのナット部分はネックブロックの上部に位置しているため、手前のブレイス(力木)がちょっと邪魔になり、ソリッドで真っ直ぐなレンチだとちょっとやりにくくなっています。そのため、供給されたレンチは棒の部分がソリッドではなく、バネみたいになっていて柔軟性を持たせてあります。この柔軟性のあるレンチがちょっと問題で、簡単にナットが回る場合はいいのですが、ナットの回りが固いと、ナットに差し込むソケット部分は回らないのに、バネ状の部分だけがよじれる場合があります。

例えば、回す時に「ギッ、ギッ」と音を立てていても、これが実際にソケットが回っているのか、それとも回らずに、バネ状の棒がねじれているだけなのか分からない時があります。その点、ソリッドなレンチだと、回っていることがはっきりと手の感触で確認出来ます。

この問題に遭遇した時は、Gibson 系のギターに使用しているレンチを使用します。このレンチは T 字型になっているため、ボディー内では一回でほんの数度の角度しか回せませんが、回っていることは確実に確認出来ます。SCGC のギターもモデルによってはやり辛いものもありますが、今回のギターは大丈夫でした。

ということで、今回のギターは、SCGC の 1929-00 です。このギターは最近 Ivor Mairants で購入されたのですが、お客さんは自宅で弾いているうちに、弦高の高さが気になるようになり、調整のためにショップに持って来られました。ギターをチェックしてみると、ネックは若干ネックリリーフ(つまり順反り)が大きく、弦高も高くなっていました。

2857.jpg

2858.jpg

弦高が若干高いのですが、サドルには十分な高さがあります。

2859.jpg

ネックリリーフが若干大きいため、トラスロッド調整をします。ナットの回りが堅いと、SCGC から供給されているレンチでは、その回りの感触がよく分からない時があります。ナットは回らず、バネ状の棒だけがよじれる時があります。

2860.jpg

トラスロッドを回す角度はほんの僅かなので、回ったかどうかを確実に手に感じるため、Gibson 系のギターに使用している T 字型のレンチを使用します。

2861.jpg

柄の部分が T 字型になっているため、ほんの僅かの角度しか回せませんが、これなら確実に回った事が確認出来ます。モデルによってはやり辛いものもあるのですが、この 1929-00 の場合は大丈夫でした。

2862.jpg

トラスロッド調整でネックリリーフが小さくなり、まず弦高が少し低くなりました。ネックの状態が万全になったことで、サドルの底を削って弦高をベストの状態にします。

2863.jpg

調整が終了しました。弦のビビりも無く、最高の状態です。

2864.jpg

このギターは元々このショップで売っていたので、私が事前に調整していれば良かったのですが、なんせリペアーは週に一回だけなので、販売しているギターまで調整する時間がありません。

ところで、お客さんは大満足でした。やはりその反応を目の前で見ることほど嬉しいことはありません。お客さんは、このギターがかなり気に入っているらしく、これを購入するまで、いろんなギターショップで150本以上のギターを試奏したそうです。そして60才になった自分へのプレゼントだそうです。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



  1. 2015/02/17(火) 16:55:00|
  2. 道具・工具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壊れた~!

「壊れた〜〜!!」

前回前々回の記事で紹介した道具、Nut Slotting Gauge が壊れました!お客さんからプレゼントして頂いたあの道具です。たった2、3回しか使っていないのに、針が機能しなくなってしまったのです。通常ならば、ピストンが一番下まで降りると、針はいつも同じ目盛りを指さなければならないのに、毎回全然違う目盛りを指します。針が完全に緩んでしまったようです。

2381.jpg

自分で購入したのであれば、購入先の Stewmac 社に連絡して交換してもらえるのですが、この道具は私が購入していないので、まずプレゼントをしてくれたお客さんに連絡して、彼が交換してもらわないといけません。しかし、プレゼントとして戴いた道具、おまけにまだ数日しか経っていないのに、お客さんにはなかなか言いづらいです。

道具や機械が壊れたら、まずは自分で修理を試みるようにしているので、早速分解してみることにしました。

2382.jpg

中は予想通り、腕時計のように幾つかの歯車があります。腕時計のように複雑ではありませんけどね。かなりのパーツを取り外しましたが、針の部分まで到達することは出来ませんでした。

2383.jpg

全てのバーツを元に戻し、針をしばらく睨みつけました。そしてあることを思いつきました。針が安定していないということは、軸が緩んでいるのだと思い、ガラスの表面を手で叩いてみたら針が軸にきちんと収まるかも考えました。それで手の平を使ってガラスの表面を2回ほど叩いてみました。

「直った〜!」

叩いた衝撃で針がきちんと軸にはまったようです。ピストンを動かすと、いつも同じ目盛りで止まるようになりました。でもこんなに簡単に直るとは(笑)。

2384.jpg

良かったです。これでお客さんにも連絡する必要がありません。一応直りましたが、若干ズレる時があるので、その時はまた手の平で叩くと直ります。これはアメリカ製なのでしょうか?これが日本製、西洋だったら、スイス製とかドイツ製だとこういうことトラブルは無いと思うのですが…。正直言って、精密さから言えば、5スターの評価は出来ませんね。

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

  1. 2014/07/08(火) 09:58:27|
  2. 道具・工具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客さんからの突然のプレゼント!その2

前回の記事「お客さんからの突然のプレゼント!その1」の続きです。

私に Nut Slotting Gauge をプレゼントしてくれた、このお客さんが最初にショップに現れたのは3、4ヶ月前でした。私に直接質問があるということでした。質問は、自分が所有している Ibanez の Pat Metheny モデルのナットについてでした。以前、別のリペアーショップでナット交換をしてもらったそうなのですが、どうもナットの溝が6弦全部低い(深い)というのです。それで私だったらどれくらいの深さに調整するのか質問されました。私は1弦から6弦までの大まかな数字を言うと、彼はちょっと不思議な顔をしました。そしてこう言ったのです。

「1弦から6弦まで同じ数字じゃないの?」

そして私は答えました。「いいや、違うよ。」

私は6弦は1弦の約2倍はあると答えました。弦の太さが違うし、振動も違うので、違って当然です。しかし、このお客さんは6弦とも全部同じ数字が自分は好きだと言うのです。そして今度は弦と1フレットの隙間をどうやって測るかと聞くのです。私は定規で測ると答えました。すると彼は私のこの答えにも驚きました。

「えっ?!定規?専用の Feeler Gauge は使わないの?」

私は答えました。「いいや、使わない。専用の定規で十分。」

そしてお客さんは、「信じられない。Feeler Gauge を使わないなんて。」

下の写真のように、私には専用の定規で十分です。

2380.jpg

この Feeler Gauge というのはステンレス製の薄い板で、様々な厚さがあり、その板を1フレットと弦の隙間に差し込んで厚さを測るわけです。しかし、私はこの道具を信用していません。なぜかと言うと、隙間より厚い Feeler Gauge も簡単に差し込めるからです。つまり、弦は簡単に上に動くのです。下の写真のように、ネックリリーフを測る場合は話が別です。この場合はフレットの上に乗せるストレートエッジが重いため、Feeler Gauge が少しでも厚いと隙間に入りません。一方、弦は簡単に上に動くので、正確な隙間が測りにくいのです。

2379.jpg

そして私はお客さんに言いました。

Stewmac 社から販売されている Nut Slotting Gauge だったら正確に測れるけどね。」

Nut Slotting Gauge はずっと前から欲しかったのですが、定規が十分な役割を果たしているので、そこまで必要性を感じませんでした。でもこの道具があればかなり正確に測定することが出来ます。

そしてこのお客さんは私にナット交換をお願いすることを考えていると言われました。私も実際にギターを見てみないと詳しいことは言えないので、一度ショップまで持って来てくれと頼みました。それからしばらくして、お客さんはギターをショップに持って来ました。確かにナット溝が全部深過ぎます。おまけにお客さんの好みどおり、1弦から6弦まで殆どの同じ深さです。

それからしばらくして、3度目の訪問がありました。この時は手ぶらです。この時も勿論話はナット溝の深さについてです。

そして4度目の訪問がナット交換の依頼です。ナット溝の深さ、そして弦高についていろいろと要望がありました。なんと言っても驚いたのは、お客さんが前出の Stewmac 社のナット溝専用道具を2つ持っていることでした。ひとつはナット上での各弦の幅を測る定規と、1フレットと弦の隙間に差し込む専用の Feeler Gauge を持っているのです。

お客さんが要望した隙間の幅は、1弦が .016インチ(約0.4ミリ)、6弦が .018インチ(約0.46ミリ)です。2弦から5弦はその間なのですが、細かい!なぜこの数字かというと、Feeler Gauge の中に、この厚さの板があるのです。彼が持って来た Feeler Gauge を使って調整をしてくれというのです。やれやれと思いましたが、一応承諾して Feeler Gauge を使うことにしました。ところで、この Feeler Gauge の写真を撮るのを忘れてしまいました。

さて、新しいナットを製作しましたが、かなりの時間を費やしてしまいました。お客さんの要望した数字が細か過ぎるし、削り過ぎてはいけないので、かなり神経を使いました。やはり Feeler Gauge は役に立ちません。厚い板でも簡単に隙間に入ります。結局、定規と Feeler Gauge の両方を使って、若干高めに調節しました。元々の弦高は特に低音弦側が低かったのですが、高くしてナット溝を調整し、後でお客さんが弦高を低くした場合、ナット溝の数字が変わってしまうので、弦高はそのままにしました。ナット溝を削り過ぎない限り、後で調整は出来るからです。

ナット交換を終えた次の日にお客さんはギターをピックアップしたそうですが、お客さんからすぐに感謝のメールが届きました。数字に細かい人だったので、気に入ってもらえるかどうか不安でしたが、満足されたようで安心しました。

それからしばらくして、お客さんが Nut Slotting Gauge を持ってショップに現れたのです。私にこの道具が必要だと思ったのでしょう。私には専用の定規で十分なのですが、定規ではなく、今度からこの道具を使えと言いたかったのかもしれません。理由は何にしろ、私のことを思ってわざわざアメリカからオーダーしてプレゼントしてくれたことには大変感謝しています。今度から大事に使おうと思っています。

ところで、Nut Slotting Gauge ってこんな道具です。

2373.jpg
目盛りから下に出ているピストンを弦の1フレット上に乗せ、目盛りを回して針を0に合わせます。目盛りは1目盛り .001インチ(0.0254ミリ)です。.001インチというのは1インチを1000等分した数字で、インチは分数の他に、この1000等分の数字をよく使います。これはかなり便利で、日本の方には馴染みが無いように思われますが、日本でも、ギターを弾く方、製作される方はみんなこの数字を使っています。それは弦のゲージです。弦のゲージの単位は1インチを1000等分にしたものです。例えばアコギのライトゲージの1弦は .012インチ(0.3048ミリ)ですね。

2374.jpg
Nut Slotting Gauge の両脇の弦を指で押さえると、弦と一緒に上に乗っているピストンも下がります。この下がった分が隙間の数字になります。ここで注意しなければならないのは、針は時計の針とは逆方向に回ります。ちょっとややこしいですが、目盛りは逆から読むことになり、この写真の場合は、.021インチになります。Stewmac 社の説明でもこのようになっています。

2377.jpg
針を時計の針と同じ方向に動かして測ることも出来ます。この場合は、まず弦を指で押さえた状態で針を0に合わせます。ただこの方法があまりお勧め出来ないのは、弦を指で押さえないといけないので、片手では針を0に合わせづらいということです。

2378.jpg
弦から指を離すと弦と一緒にピストンも上がり、時計回りの目盛りで数字が読み取れます。この場合は、.040インチになります。実際にやってみると、この方法はお勧めではありませんね。

2375.jpg
これがお客さんの Ibanez Pat Metheny モデルです。

2376.jpg
ナットを交換しました。

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

  1. 2014/07/06(日) 15:21:17|
  2. 道具・工具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お客さんからの突然のプレゼント!その1

先々週の木曜日、いつものようにギターショップでリペアーの仕事をしていると、あるお客さんが奥さんを伴って現れました。そのお客さんというのは、2週間前に私がリペアーを行なったギターの持ち主です。彼はバッグから箱を取り出し、その箱の中から今度は分厚い封筒を取り出しました。その箱には見覚えがありました。アメリカのギター製作、修理関連の材料、道具等を販売している会社、Stewart & MacDonald です。私もよく利用している会社です。

お客さんはその封筒を私に手渡し、プレゼントだから開けてみてと言うのです。

「えっ?!プレゼント?!!」

なぜお客さんが私にプレゼントをするのだろう?今までお客さんからプレゼントを貰ったことがないので、ちょっと戸惑いなから封筒を開けてみました。すると中から出て来たのが…

「え〜!!」

2371.jpg

ナット溝の高さ、つまり弦と1フレットの隙間を測る道具、Nut Slotting Gauge ではないですか!何年も前から欲しかった道具です。

2372.jpg

正直、どう反応して良いのか分かりませんでした。しかし、要らないとも言えないし、せっかく私のためにアメリカからオーダーして下さったので、快く受け取ることにしました。

実は私とお客さんの間には、この道具が深く関わっているのです。では次回、そのお話をします。

つづく。

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

  1. 2014/06/30(月) 02:46:33|
  2. 道具・工具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (135)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。