奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Bourgeois Guitars の紹介

前回の記事、「Bourgeois Guitars のイギリスでのリペアーを担当」で、今度から Bourgeois Guitars のリペアーを担当することになったお知らせをしましたが、今回は Bourgeois Guitars のギターを紹介したいと思います。

まず音についてですが、もちろん素晴らしく良い音をしています。しかし、敢えてそれに関してはいろいろと書きません。音が良いのは当たり前だからです。オール単板で、しっかりと手を込めて作ってあれば音が良いのは当たり前です。あとはそれを弾く側の好みの問題です。

下の写真は OM のモデルです。まず外観ですが、とにかく綺麗です。細部まで丁寧に作ってあり、殆どミスを見つけることが出来ません。そして光沢のある綺麗な塗装が一層美しさを際立たせています。ボディーの塗装は多くのトラディショナル・ギターに用いられたニトロ・セルロースラッカーではありません。何なのかは秘密です(笑)。

3330.jpg

3331.jpg

ピックガードの素材は、市場に出ているもので一番本物のべっ甲に近くて高価な Tor-Tis が使用されています。因みに、私も自分のギターにはこの Tor-Tis を使用しています。本当に綺麗な素材です。

3332.jpg

ヘッドはトラディショナル・スタイルのシェイプです。ヘッドの表側は光沢のある塗装になっています。ヘッドプレートの素材は側板、裏板と同じマダガスカル・ローズウッドです。

3333.jpg

ヘッドの裏側です。チューニング・マシーンは Waverly です。ヘッドの裏側、及びネック全体は艶消しの塗装になっています。光沢があるのはヘッドの表側だけです。ネックの塗料はボディーと違ってニトロ・セルロースラッカーが使用されています。

3334.jpg

ブリッジの加工が綺麗なのには関心しました。ブリッジピン穴の弦が通る溝の加工は、今まで見てきたメーカーの中で一番綺麗だと思いました。サドルは牛骨で、オクターブ調整が施されています。

3335.jpg

マダガスカル・ローズウッドの裏板です。塗装が綺麗ですね。

3336.jpg

側板です。バインディングはコアです。

3337.jpg

ボディー底のエンドピンはありません。ギターを購入した人にお任せにしてあります。普通のエンドピンを付けることも出来るし、穴を広げてピックアップ用のエンドピン・ジャックを取り付けることも出来ます。ご覧のように、穴の周りの塗装も綺麗ですね。本当に高級感があります。穴の中のエンドブロッグが見えますが、素材は高級ベニヤ板の Birch が使用されています。ベニヤ板と聞くと安物に聞こえますが、Birch のベニヤ板は高級品です。エンドブロックに Birch を使用しているメーカー、個人製作家は沢山います。Santa Cruz Guitar Company もその一つです。エンドブロックは音に関係するものではなく、材料として丈夫なものが良いということで Birch のベニヤ板が使用されているようです。

3338.jpg

ボディー内のラベルです。ラベルに書いてあるように、表板はアディロンダック・スプルース、側板と裏板にはマダガスカル・ローズウッドが使用されています。

3339.jpg

ギターの構造の中でもっとも重要なものの一つがネック角、つまり、ネックとボディーが接合されている部分の角度です。以前にもこのブログに書いていますが、指板は、ネックジョイント部分から最終フレットに向かって徐々に下がっていくべきだと思います。これは Fallaway と呼ばれています。どの部分から下げていくべきかは、メーカー、製作家によって違います。私はネックジョイント部分から下げます。

Bourgeois Guitars は Santa Cruz Guitar Company や Collings Guitars と同様、この Fallaway が施されています。下の写真でも分かるように、フレット上にストレート・エッジを置くと、最終フレットに向かって隙間が出来ているのが分かると思います。

3340.jpg

弦を張っていない時の Fallaway の数値(ストレート・エッジとフレットの隙間)は .015 インチぐらいが理想ですが(私の場合)、このギターも同じぐらいの数値でした。そして弦を張ってから測ると、隙間の数値は .006 インチになっていました。理想の数値です。弦の張力でネックが若干前に倒れるのですが、Fallaway を施さずに1フレットから最終フレットまで真っ直ぐにしてしまうと、弦の振動が最終フレット辺りに接触しやすくなり、弦のビビりの原因になります。Fallaway を施していないギターメーカーも多くあります。弦がビビらないものもありますが、私見としては、Fallway を施していた方が無難だと思います。

3341.jpg

Bourgeois Guitars のユニークな特徴の一つはネックジョイントです。ネックジョイントはボルト・オンです。2本のボルトでネックとボディーが接合されています。昔から行われていたダブテイル・ジョイントで、ネックとボディーを接着剤で接合する方法ではないのです。ボルト・オンのネックジョイントは他のメーカー、製作家にも多く見られます。しかし、指板までボルトで接合されているメーカーはあまり見かけません。個人製作家には何人かいらっしゃるようです。

写真でも分かるように、ネックは2本のボルト、指板は4本のボルトで接合されています。もしネックリセット(ネックをボディーから外し、ネック角調整をする)が必要な場合、ボルトを緩めるだけで簡単にネックを取り外すことが出来ます。リペアーマンには助かる話です。ダブテイル・ジョイントの場合は大変ですからね。

3342.jpg

ボディー内の様子です。

3343.jpg

3344.jpg

最後になりますが、Bourgeois Guitars にはもう一つ大きな特徴があります。それはヘッド角です。通常、多くのギターのヘッド角は約14°です。しかし、Bourgeois Guitars の場合は、ヘッド角がもっと大きいのです。これは見た目でも分かります。ヘッドが後ろに倒れ過ぎだなとはずっと思っていました。実際に測ってみると、その角度は17°ありました。3°の差は大きいですね。ヘッド角を増すことにより、更に良い音を追求しているのでしょう。ただ見た目は14°の方が私は好きです。

3345.jpg

それでは、Bourgeois Guitars の仕事が入った時は頑張りたいと思います。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************

スポンサーサイト
  1. 2015/11/01(日) 02:34:29|
  2. ギター紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

とうとう遭遇したニセ Martin D-45

とうとう遭遇しました!マーティンの偽物です。

4年前に「マーティン社がヘッドストックを商標登録」という記事を書いたのですが、世界経済第二位のあの大国がマーティンの偽物を作っているので、とうとうマーティン社がトレードマークのヘッドシェイプを商標登録したという話でした。寛大なマーティン社は、それまではギターのシェイプ等の特許取得や商標登録をしておらず、マーティン社を尊敬する多くのギターメーカーや製作家が、マーティンギターをお手本としてきました。ところがあのコピー大国は、なんとロゴや烙印などもマーティン社のコピーをして製造販売を始めたのです。YouTube等でそのコピーを拝見することは出来るのですが、とうとうその偽物に遭遇する機会に恵まれて(?)しまいました。

ある日、毎週木曜日にリペアーでやっているギターショップに行くと、新しく持ち込まれたギターケースが置かれていました。表には紙が貼ってあり、「Martin D-45」と書かれています。心の中で「やったー!」と思いました。D-45 と言えば、マーティンギターの通常モデルでは最高級のギターです。その最高級のギターを修理出来るなんてラッキーだと思いました。早速ケースの蓋を開けてみると、その中にあったのは・・・。

ギターを見た瞬間、すぐに偽物だと分かりました。ギターを取り扱うのが仕事なんですぐに分かります。指板には唐草模様のインレイが施されているので、一瞬ハッとしますが、1秒後には「えっ?!」って感じです。ギターを取り出してみると、その作りの酷さにビックリしてしまいました。リペアーの依頼内容は、弦高が高くて弾きづらいので、弦高を低くしてセットアップをお願いしますということでした。

それでは写真でギターの説明をしますね。

2980.jpg
一瞬パッと見ると、指板に唐草模様のインレイを施した D-45 のカスタムモデルに見えますよね。

2981.jpg
この距離で何か違うと気づくあなたはかなりのギターオタクですね(笑)。

2982.jpg
ヘッドのシェイプは下の方が違いますね。ロゴは CF Martin と堂々とインレイされています。

2983.jpg
一瞬豪華に見える唐草模様のインレイですが、近くで見ると・・・。

2997.jpg
ギター内部のネックブロックですが、はっきりと D-45 と刻まれています。

2984.jpg
サウンドホール下のセンターストリップですが、マーティン社の名前、そしてナザレス・ペンシルベニア MADE IN USA と刻まれています。MADE IN C○○○○ とはなっていませんね。ところで、センターストリップは通常木目を裏板の木目に対して直交させなければならないのですが・・・。

2985.jpg
下の段が可笑しいです。通常は「LIGHTER STRINGS ONLY」なのですが、最初の「LI」が「U」という一つのアルファベットに見えたのでしょう。「UGHTER STRINGS ONLY」と刻まれています(笑)。

2986.jpg
異常に分厚いブリッジで、各ブリッジピンの間隔が均等になっていません。

2987.jpg
D-45 には、ボディー全体にアワビ貝のストリップが施されていますが、これはアワビ貝ではなく、何かプラスチックみたいな安価なものが施されています。

2988.jpg
塗装は本物のニトロセルロースラッカーではなく、ポリウレタン系の塗装です。かなり分厚く塗ってあり、ネックヒールとボディーの境目では塗装が盛り上がっています。

2989.jpg
もちろんこれは貝ではなく、アワビ貝の方は、、上に半透明のものがあり、一番底に模様があります。

2990.jpg
ナットもかなり安価なものを使ってありますね。ナットとヘッドの境目の仕上げも酷いです。

2991.jpg
ネックのヒール部分ですが、三角形の木片が埋め込んであります。

2992.jpg
ご覧のように弦高はかなり高く、ネックとボディーは初めて見る 14.5 フレットジョイントです。

2993.jpg
ヘッド・バインディングが異常に高いですね。それにしても弦の巻き方が・・・。

2994.jpg
裏の姿です。

2995.jpg
修理を行うため、まず弦を外し始めたのですが、全てのブリッジピンがなかなか外れず、とうとう3弦のブリッジピンが折れてしまいました(涙)。かなりの安物です。

2996.jpg
サドルは溝の幅よりも薄く、かなりグラグラしていました。そしてサドルの下にはシムが3本敷かれていました。シムは溝の幅よりも狭く、かなり適当に敷かれていた感じです。

ということで、これから修理に取り掛かります。弦高は高く、フレットの高さも不揃いで、かなりいい加減に作ってあるギターです。正直言って、2,3万の価値しかないと思います。

ギターショップのスタッフの話では、お客さんはギターを Martin D-45 と呼び、偽物だということは何も言わなかったそうです。ギターが仕上がった時に偽物だと知っているか聞いてみると言っていました。さて、真相は・・・。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



  1. 2015/04/13(月) 12:55:09|
  2. ギター紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

リペアーしたかった Gibson J-160E

毎週木曜日に行っている、Ivor Mairants Musicentre での話です。

8日前の木曜日、あるお客さんがギターを持ち込まれました。もちろんリペアーの依頼ですが、その内容については後ほどということで、まずそのギターの紹介をしたいと思います。

ギターは1963年製の Gibson J-160E です。J-160E と言えば、ビートルズで有名ですよね。ジョン・レノンとジョージ・ハリスンは、1963年に揃ってこの J-160E を購入したそうです。ビートルズの初期の頃は、このギターが多用されています。製造開始は1954年で、ボディーシェイプは J-45 と同じですが、ピックアップが装着されており、エレクトリックギターとしても使用した時のハウリング防止のため、初期の頃は単板だった表板も、途中から合板に変更されたそうです。これは生鳴りを抑えるためだとも言われています。ブレイシングも、J-45 の X ブレイシングではなく、ラダーブレイシングが採用されています。

2776.jpg

2777.jpg

今回持ち込まれた J-160E は1963年製で、持ち主のお兄さん(10年前に他界)が、当時新品で購入されたそうです。購入の理由は、もちろんビートルズが当時使用していたからだそうです。持ち主のお兄さんは、1965年のビートルズの映画、「A Hard Day's Night」に出演しているそうです。ほんのちょっとですが、スタジオの場面に映っているそうです。そして弟の本人も、最後の劇場でのライブの観客の一人として出演したそうです。当時15歳だったそうです。そういうこともあって、当時大人気だったビートルズが使っていたこの J-160E を購入することになったそうです。

2778.jpg

当時新品でピカピカだったはずのギターが、52年という長い年月を経て、凄い渋いビンテージギターになっています。フラットピックが当たって削れてしまった表板からは、単板ではなく、合板ということが分かります。

2779.jpg

2780.jpg

ビンテージギターの特徴である、このニトロセルロースラッカーの割れが堪りませんね。

2781.jpg

フレットもかなり削れてフラットになっており、なんといっても、このえぐれた指板が凄いです。

2782.jpg

裏板のマホガニーも渋くなっています。

2783.jpg

ネックの裏も同じく渋いです。

2784.jpg

当時はエレクトリック・アコースティックギターは画期的だったんでしょうね。ボリュームとトーンです。

2785.jpg

さて、いよいよここからが本題です。

持ち主から依頼されたリペアーはブリッジでした。弦を張っている時、ブリッジの左側が剥がれて浮いてきたというのです。そしてある日、ブリッジから「カキッ」という音が聞こえ、よく見ると割れが入ったというのです。ギターが持ち込まれた時には弦が外されていましたが、弦を張るとかなり浮くそうです。下の画像からも分かるように、簡単にナイフがブリッジの下に入ります。

Gibson のギターには、60年代初期から中期に掛けて、木製ではないプラスチック製のブリッジが使用されたモデルがあります。J-160E もその一つでした。この J-160E のブリッジもプラスチック製で、持ち主もその事については知っていました。私も以前書いた「プラスチックのブリッジ?!!」の時に初めてプラスチック製のブリッジの事を知ったのですが、ちょっとこの事について調べて修復すると伝えました。

2786.jpg


インターネットで調べて判明した事は、プラスチック製のブリッジも裏側は空洞になっており、接着はされておらず、4個のネジで留めてあることでした。そして長年経ったプラスチック製のブリッジは、弦の張力に負けてしまって変形し、多くの場合、木製のブリッジに交換されるということでした。

中は空洞、ネジで留めてある、接着はされていない、となると、プラスチック製のブリッジをそのまま使用することは困難だと思い、新しく木製のブリッジに交換するのがベストだと判断しました。そして一週間経った昨日の木曜日、持ち主から連絡があり、彼もインターネットで調べ、中が空洞だということを知ったそうです。私は木製への交換を提案したのですが、持ち主はオリジナルの状態を保ちたいらしく、しばらくどうするか考えたいということになりました。本当はフレットも交換しなければならないのですが、それもオリジナルのものをキープしたいそうです。

持ち主はギターを一旦引き取ることにしたのですが、かなり昔、ロンドンでリペアーをやっているある人に、この J-160E の修復を依頼した事があるので、その人だったらどうすれば分かるかもしれないから、プラスチック製ブリッジの修復について尋ねてみると言うのです。私は「えっ!」と思いました。実は以前、そのリペアーマンの修復したギターを、私が再修復した事があるのです。つまり尻拭いです(それ以来、そのお客さんはいつも私に修理を頼むようになりました)。かなり雑な仕事で、これでもプロかと思ったほどです。でもその事をギターの持ち主に言うことは出来ません。他のリペアーマンの事を悪く言える立場ではないのです。その代わり、修復する意思があることを強く訴えました。

下の画像で、ブリッジの割れが確認出来ると思います。

2787.jpg

J-160E が再び戻って来る可能性もあるので、どうやってオリジナルのプラスチック製ブリッジをキープ出来るか思案中です。正直言って、絶対に修復したいと思っています。

ところで余談ですが、この日(昨日の木曜日)、ショップである事が起こっていました。2年半前に書いた、「ポール・マッカートニーに遭遇!」の中で、ポール・マッカートニーがショップの前を通り、私が後を追っかけて握手してもらった事を書いたのですが、またポールが現れたのです!残念ながら、私は地下にいるので、今回はポールを見ることは出来ませんでした。ショップのスタッフの話では、電話中に外に目をやると、ポールがショーウインドウのギターを見ているというのです。スタッフがポールに手を振ると、ポールは敬礼のジェスチャーで応えたそうです。ポールは歩き始めたので、ショップの中に入って来るかなと思ったけど、そのまま立ち去ってしまったそうです。ショップに入って来ていたら会えたのに、本当に残念です。ポールのオフィスが近くにあるので、ショップの前は時々通るみたいですね。大物が何気なく歩いている、それがロンドンです。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



  1. 2015/01/23(金) 14:04:37|
  2. ギター紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Terz ギターの紹介

私が毎週木曜日にリペアーを行っているギターショップ、Ivor Mairants に置いてあるギターの紹介です。

あるお客さんからの委託販売として置いてあるギターなのですが、ちょっと気になるので記事にしてみました。これはあるイギリスの製作家が作ったギターなのですが、ギターの名前は terz guitar(ターズ・ギター)です。「terz」とはドイツ語で「third(3度、3番目)」の意味で、スケール(弦長)が短く、チューニングは通常のギターのマイナー3度、つまり1音半高くなっています。

2713.jpg

スケールの長さは通常20.8インチで、長いものは22インチまであるそうです。この terz guitar のスケールは21.5インチあります。試奏してみましたが、ちょっと高音なところが面白く、こんなギターも1本持ってみたいなという気になってしまいました。

2714.jpg

2715.jpg

このギターが terz guitar かどうか関わらず気に入った点は、ボディーのシェイプと、そのシンプルなデザインです。ボディーシェイプは、昔マーティン社から出ていた、Ditson の 1-21 (モデル名が間違っていたらすみません)に似ていると思います。実はこれは昔から大好きなボディーシェイプなんですよ。ボディー材は全て Sapele(サピーリ)だと思われます。アフリカ産のマホガニーで、ストライプの模様が特徴です。

2716.jpg

ご存知かもしれませんが、私はトラディショナルでシンプルなデザインのギターが好きで、この terz guitar なんかその典型ですね。シンプルで無駄なものが無く、トラディショナルなスタイル、そして Ditson のボディーシェイプ。このギターがショップに来るなり釘付けになってしまいました。

シンプルなヘッドがいいし、

2717.jpg

シンプルなロゼットもいい、

2718.jpg

シンプルなピラミッド型ブリッジもいいし、

2719.jpg

シンプルなヒール、

2720.jpg

そして正しくヴィンテージと言えるチューニングマシーン、

2721.jpg

トラディショナル好きには堪らないシンプルなデザインです。

と言うことで、terz guitar の紹介でした。というより、個人的な趣味の紹介でした(笑)。

もしこのギターに興味がある方は、下のリンクからどうぞ。

http://www.ivormairants.co.uk/guitar-and-bass/nicholas-jolliffe-terz-guitar-pre-owned.html



************************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



  1. 2015/01/05(月) 13:53:46|
  2. ギター紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コリングスのデザイン

つい先日、リペアーをやっているギターショップに陳列されているコリングスのギターを見ていたのですが、ふと、デザインのことを考え始めました。

2443.jpg

ギターのデザインには、全く新しいオリジナル、マーティンギブソン等の老舗メーカーのデザインを基にしたもの、そしてその両方のミックス、大まかに言えばこの3つがあると思います。ただのギター好きという観点から言うと、私はオーソドックスなトラディショナル・スタイルが好きです。もし自分が購入するとすれば、そういうギターになるでしょう。だから自分の製作するギターは必然的にトラディショナルを基にしたデザインになってしまいます。

アメリカン・トラディショナルを基にしたアメリカのギターメーカーと言えば、コリングスサンタクルーズボルジョワの3社が御三家(笑)でしょう。その中でコリングスは、マーティン、ギブソンを基にしたスティール弦のアコースティックギターだけではなく、途中からはギブソンのFスタイル、Aスタイルを基にしたマンドリンの製作を始め、近年は、ギブソンのフルアコ、セミアコ、ソリッドボディーなどのエレキギターを基にしたギターを製作するようになりました。

2444.jpg

2445.jpg

アメリカン・トラディショナルを受け継ぐコリングス社ですが、私のようなオーソドックスなスタイルを好む人間には堪りません(笑)。ギターには勿論、音色、機能性が重要ですが、デザインもそれらに劣らず重要な要素の一つです。そのトラディショナルなスタイルを基にしたデザインが、私のようなトラディショナル・オタクを魅了するのです。

2446.jpg

2447.jpg

最後に、今回の記事は製作者としてではなく、一人のギター愛好家として書いています。



************************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

  1. 2014/09/04(木) 08:12:47|
  2. ギター紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。