FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アコースティック楽器専門誌「Frets」の表紙を飾ったジョン・ロイターの12弦ギター

先日フェイスブックの中に、私のロバート・ベンでのアコースティックギターのインストラクター、John Reuter 氏が25、6年前に製作した12弦ギターの写真が掲載されていました。写真を投稿したのはアメリカのボストンでリペアーを行っているある卒業生で、彼の所にリペアーとして持ち込まれたそうです。

1988年9月号のアコースティック楽器の専門誌、「Frets」の表紙に John の12弦ギターのヘッドが掲載され、その雑誌を見たボストン在住のある方が、John に雑誌と同じギターをオーダーされました。そのギターが最近リペアーとして持ち込まれた訳です。

2141.jpg

私は1988年にロバート・ベンに在学していたのですが、John が当時製作していたのは確かこのギター(雑誌の表紙のギターではなく、リペアーに持ち込まれたギター)ではなかったかと思います。当時生徒としてギター製作の世界に足を踏み入れた私は、John の製作するギターに魅せられていました。

私が在学中にこの「Frets」の雑誌が発行され、早速購入しました。この表紙のギターはバック、サイド、ヘッド、ブリッジ、ピックガードにコア材が使用されており、ボディーシェイプはスモールジャンボでした。そしてヘッドのインレイが素晴らしく、将来はこんなギターを作ってみたいなと思っていました。

そしてチャンスはすぐに訪れました。当時ロバート・ベンでは4ヶ月(現在は5ヶ月)の間にエレキギターとアコースティックギターを各一本ずつ製作しなければならず、材料等の選択には制限がありました。この必須の2本の製作が終わったら、3本目からは、材料、楽器の種類に関係無く、自由作として何でも作ることが出来るのです。多くの生徒達は、必須の2本だけを製作して卒業生するのですが、私は3本目の自由作を作りたかったので、学校には長く在学することにしました。

そして製作したギターは、John のコア材の12弦から影響を受けたものになりました。バック、サイド、ヘッド、ブリッジ、ピックガードは John のギターと同じでコア材、ボディーシェイプはスモールジャンボでカッタウェー、 ボディーとヘッドの周りにはアバロニ(アワビ貝)を施し、指板にはアバロニで唐草模様。この自由作で難しいことは何でもやろうということで、色んなことに挑戦しました。

特に John のギターから魅せられたのは、ヘッドに施されたインレイでした。そして毎晩アパートでデザインの下書きを繰り返し、そして出来上がったのが下の写真のインレイです。

2142.jpg

まだギター製作を勉強中で、デザイン的にも技術的にも下手なところがあります。貝の表面を彫る技術にも挑戦しましたが、彫る道具を持っていなかったので、コンパスの尖った部分を使って彫りました。写真でも分かるように、彫りはまだまだ下手ですね。でも誰にもやり方を教わらずに挑戦したのでよしとしましょう(笑)。

2143.jpg

ここで使われている貝も既製の板状になったものを使ったのではなく、学校で捨てられていたアワビ貝の小さい塊を自分で加工して板状にして使用しました。貝をベルトサンダーなどで削ると悪臭がするので、誰もいなくなる昼休みを利用して作っています。いや〜、いろいろと努力しました。懐かしい良い思い出です。

下の写真はその自由作の後ろ姿です。表の姿はまた別の機会にお見せしたいと思います…多分。ていうか、2年半前の記事、「故郷佐世保の月刊生活情報誌『99 view』1992年7月号での紹介」で見れます。

2144.jpg

John とは最近フェイスブックでメッセージのやり取りをしたのですが、私のこの自由作のギターのことはよく覚えていると言ってくれました。嬉しい〜!!今までかなりの数の生徒達のギターがある中で、26年前の私のギターを覚えていてくれるのは光栄です。そう言えば当時、John は完成した私のギターの写真撮影をしてくれました。それも彼自身のコレクションのためです。当時物凄く嬉しかったことを覚えています。

アコースティックギターのインストラクター John については4年半前の記事に書いていますので、良かったらご参照下さい。
驚異のインストラクター ジョン・ロイター

最後に余談ですが、アコースティック楽器の専門誌「Frets」は、この John のギターが表紙を飾ってからしばらくして廃刊になってしまいました。そして1990年に登場したのが、現在でも発行されているアコースティックギター専門誌、「Acoustic Guitar」です。

スポンサーサイト
  1. 2014/03/30(日) 11:44:57|
  2. ギター雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UK のアコースティックギター専門誌「ACOUSTIC MAGAZINE」に紹介される。

3月14日発売の UK のアコースティックギター専門誌、「Acoustic Magazine」4月号に私が紹介されました。雑誌の中に「The Workshop」というギター製作家を紹介するコーナーがあり、その中で紹介され、記事はなんと3ページ!正直言ってとても嬉しいです。

確かこの雑誌が創刊されたのは2004年の後半だったと思います。それから8年半経ってやっと紹介されることになりました。自分からは雑誌社にアプローチをしたことはなく、そのうち紹介されたらいいなと思っていたのですが、先月、雑誌社のライターからメールが届き、内容は、私を次号で紹介したいので近々電話インタビューをしたいとのことでした。早速2日後に電話インタビューを受け、今回の記事の掲載になったわけです。

私が電話で話したことを録音して記事にしてあるので、内容にちょっとした間違いがありますが、9割は正しいので別に気にしていません。ひとつだけ訂正すると、記事の中では、私が21才からギターを作っていると書いてありますが、本当は、21才の時にギター製作家になる決心をして、資金を貯めるのに6年掛かったので、実際にギターを作り始めたのは27才の時からです。

このブログにも登場したことがあり、ロンドンで親しくしていた亀井さんが一年前に日本に本帰国し、その際、「Acoustic Magazine」の定期購読の権利を私に譲ってくれました。その時、雑誌社に私がギター製作家ということを紹介したそうです。でも雑誌社からは何の連絡も来なかったのですが、もしかしたらそれで連絡が来たのかもしれません。

亀井さん、Acoustic Magazine 関連の過去の記事は下のリンクでご覧下さい。

イギリスのアコースティックギター専門誌「ACOUSTIC MAGAZINE」
亀井さんから「ACOUSTIC MAGAZINE」を全て頂戴する。
亀井さんから譲り受けた「ACOUSTIC MAGAZINE」の定期購読

ところで記事に使われている写真ですが、これも過去の記事に登場したことのある RH 氏に撮影していただきました。RH 氏はフォトグラファーで、ギターが大好きな方です。今回の記事の依頼が来たことを RH 氏に話すと、彼の方から写真撮影をオファーしてくれました。本当に感謝しています。記事が掲載されてから二人で話したのですが、なぜ私が写っている写真ばっかり掲載されているのでしょう。正直言って、もっと製作過程やギターの写真を載せて欲しかったです。雑誌社には沢山写真を送ったのですが・・・。

ひとつ残念なことがあるのですが、それはこの記事に私の連絡先やウェブサイトが掲載されていないことです。載せてくれると思っていたのですが・・・。再確認するべきでした。でも仕方ないです。近々雑誌に宣伝を載せようと思います。私はウェブサイトを持っているのですが、まだ1ページしかありません。もちろんページ数は増やす予定です。ということで、私のウェブサイトアドレスとメールアドレスを載せますね。何かあればいつでも連絡下さい。大歓迎です。

http://www.okumuraguitar.com/
okumuraguitars@gmail.com

ここまで来るには長い道のりでしたが、決して一人で辿り着いたわけではありません。家族や友人など、周りにいる方々のサポートのおかげです。大変感謝しています。そしてこれからもギター製作に精進したいと思います。

下に雑誌の写真を載せますが、雑誌は有料なので、文章はぼかしています。

1725.jpg

1726.jpg

1727.jpg


もちろん文章は英語ですが、興味がある方は、雑誌をオーダーすることが出来ます。実物の雑誌をオーダーすることも出来るし、デジタル版のオーダーも可能です。オーダーの仕方を下で説明しますね。

1728.jpg
まず Acoustic Magazine のウェブサイトの Subscriptions をクリックします。

1729.jpg
Subscriontions のページが開いたら、実物の雑誌を希望する場合は1番を、デジタル版を希望する場合は2番をクリックします。3番は iPhone/iPad 用ですが、日本のiTune では購入出来ないと思います。

1730.jpg
1番をクリックすると実物の雑誌購入のページになります。私の記事が載っている4月号だけを希望する場合は、右側をクリックします。

1731.jpg
Overseas に印を付け(送料2ポンド)、ADD TO CART(カートに入れる)をクリックします。

1732.jpg
2番をクリックしてデジタル版を希望する場合は、このページの BUY をクリックして下さい。私が載っている4月号は77番です。


  1. 2013/03/20(水) 20:02:17|
  2. ギター雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

亀井さんから譲り受けた「ACOUSTIC MAGAZINE」の定期購読

去年の6月の記事、「亀井さんから「ACOUSTIC MAGAZINE」を全て頂戴する。」でも書いたように、ロンドンで親しくしている亀井さんから、イギリスのアコースティックギター専門誌、「ACOUSTIC MAGAZINE」を創刊号から全て頂戴しました。それからも最新号を全て頂戴しておりました。その亀井さん、先月の3月末に日本に本帰国することになりました。同じ年齢で、お互いにアコースティックギターが好きということもあり、10年以上も親しくお付き合いさせていただいておりました。帰国数日前に彼の自宅へ招待されたのですが、「ACOUSTIC MAGAZINE」の定期購読がまだ一年残っており、それを私の所へ送ってもらうように変更の手続きをしたとおっしゃるのです。なんとやさしい!そして最初の雑誌が3日前に届きました。これで私も「ACOUSTIC MAGAZINE」のコレクターです。亀井さん、ありがとうございます!日本でまた会いましょう!

1423.jpg
3日前に自宅に届いた最新号です。

  1. 2012/04/27(金) 02:35:41|
  2. ギター雑誌
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

亀井さんから「ACOUSTIC MAGAZINE」を全て頂戴する。

このブログにも何回か登場していて、ロンドンで親しくしている亀井さんから連絡があり、創刊号からずっと定期購読しているイギリスのアコースティックギター専門誌「ACOUSTIC MAGAZINE」を全部譲るから要らないかという内容でした。この雑誌は、以前の記事、「イギリスのアコースティックギター専門誌 「ACOUSTIC MAGAZINE」」で紹介した雑誌です。

亀井さんは私と同じ年で、70年代初頭からずっとアコースティックギターを弾かれていて、日本の70年代のアコースティックギター雑誌を今でも保管されています。シンコーミュージック社の「アコースティックギターブック」とリットーミュージックの「アコースティックギターマガジン」の創刊号から全てコレクションされています。このことについては、去年の記事、「亀井さんのアコースティックギター雑誌コレクション」で紹介していますので、どうぞご覧下さい。

イギリスの「ACOUSTIC MAGAZINE」も勿論創刊号から全て(49冊)持っていらっしゃったのですが、保管場所が狭くなってきたので私に譲り渡すことになったわけです。こんなラッキーな話はないと快く頂戴することにしました。私は最近あまりギター雑誌を買わず、この雑誌も創刊号から3冊ほど買っただけです。しかし、やはり雑誌の情報は凄いですね。内容を見てみると、知っておかなければならないのに知らなかったことが山ほどあり、これはいけないと反省しています。これをきっかけに今度から毎月購読しようかと思うのですが、新しく出た最新号はまだ買っていません。

0849.jpg
これだけの数をもらうと読み甲斐がありますね。取って置きの情報満載です。

0850.jpg
まだ最新号を買っていません。買わなければ。

  1. 2011/06/02(木) 12:29:29|
  2. ギター雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イギリスのアコースティックギター専門誌 「ACOUSTIC MAGAZINE」

イギリスには「ACOUSTIC MAGAZINE」という、アコースティックギター専門雑誌があります。
創刊されたのは、はっきりとは覚えていないのですが、確か2004年の後半あたりではなかったかと思います(間違っていたらすみません)。それまでイギリスにはアコースティックギター専門誌がなく、普通のギター雑誌では物足りなさを感じていたので、この雑誌が創刊された時は嬉しかったです。

厳密に言えば、過去にはイギリスにもアコースティックギター専門誌はありました。私が80年代後半から90年代に掛けて住んでいたアメリカで売られており、正直言ってちょっとちゃちな雑誌でしたが、時々購読していました。イギリスに移り住んでからこの雑誌を探したのですが、廃刊になっていました。

普通のギター雑誌(エレキ中心)にもアコースティックギターの記事は載っていたのですが、物足りなさを感じており、アメリカや日本にもあるようなアコースティック専門誌を望んでいた矢先のこの雑誌の登場には感動しました。しばらくの間は2ヶ月に一度の隔月刊でしたが、現在は月刊になっており、アコースティックギターの人気を感じています。

内容もかなり充実しており、日本の専門誌ほどではありませんが、アコースティックギターに関する情報がかなり詰まっています。創刊した頃よりも良くなっていますね。ウェブサイトもありますので、よかったら覗いてみて下さい。

http://www.acousticmagazine.com/

0818.jpg
最新号です。

0819.jpg
中身はこんな感じです。

0820.jpg
ギター紹介はこのような高級ギターだけでなく、低価格のギターも紹介されています。

0821.jpg
ギターメーカーの広告です。まだスペースがありますね。私もそのうち広告を載せようと思っています。


  1. 2011/04/26(火) 11:15:26|
  2. ギター雑誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。