奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心に沁みる故 Eva Cassidy の「Over The Rainbow」

いつもギターの構造関係のことばっかり書いているので、読んでもチンプンカンプンで全然面白くない方々もいらっしゃるかもしれませんが(笑)、今回はギターの構造関係の話ではなく、あるミュージシャンの話をしたいと思います。

まず下の動画をご覧下さい。



彼女の名前は Eva Cassidy といい、アメリカのワシントンD.C. 周辺で活動していたシンガーです(もちろんアメリカ人)。「活動していた」と過去形で書いたのは、Eva は1996年11月に33才の若さで癌で亡くなっています。生前はワシントンD.C. 周辺だけでしか知られていないローカルのシンガーで、全米はもちろんのこと、世界的にも全く知られていませんでした。

Eva が亡くなった2年後の1998年、あるイギリス人が彼の友人である BBC Radio2 のプロデューサーの下へ Eva の音源を持ち込みました。そのイギリス人はプロデューサーに言いました。

「素晴らしいシンガーだから是非聴いてくれ。」

するとプロデューサーは、

「分かった。後で聴くよ。」

と言い、無造作にデスクの上に山積みになった書類の上に置きました。

するとそのイギリス人はこう言いました。

「いや、今すぐ聴いてくれ。」

それでプロデューサーはすぐにその音源を聴くことにしたのです。

プロデューサーはその音源を聴いてビックリし、そしてその素晴らしさに感動したそうです。それが上の動画で歌う、Eva Cassidy の「Over The Rainbow」だったのです。

プロデューサーはすぐに Eva の「Over The Rainbow」をオンエアーする決定を下し、故 Terry Wogan 氏が DJ を務める番組で「Over The Rainbow」が何度も流されました。リスナーの反響は大きく、シングルとして発売された「Over The Rainbow」は瞬く間に全英チャートを駆け上がり、あっという間に全英1位になりました。Eva の音源を集めた CD、「Songbird」も同年に発売され、これも全英チャート1位に輝きました。

BBC のテレビ番組に、「Top Of The Pops」という音楽番組があったのですが、これは全英チャート上位の曲を紹介する番組でした。しかし、1998年当時はまだ Eva が歌っている映像が無く、番組側も困っていました。それから2年後の2000年、アマチュアカメラマンが撮影した、Eva が「Over The Rainbow」を歌う映像が発見されたのです。それが上に掲載した映像です。「Top Of The Pops」は何度もこの映像をオンエアーしました。Eva が「Over The Rainbow」を歌っている現存する映像はこれだけなのです。

イギリスの女性シンガー、Katie Melua はこの頃10代前半で、Eva Cassidy に多大なる影響を受けたと言っており、Eva の音楽に出会わなければ、音楽を始めることはなかったかもしれないとまで言っています。Katie は2007年に Eva とのデュエット曲(もちろんリミックスされている)、「What A Wonderful World」を発売し、この曲も全英チャート1位になりました。そのデュエットが下の動画です。



そして下の動画が、Eva Cassidy が歌うオリジナルの「What A Wonderful World」です。この動画もアマチュアカメラマンが撮影したホームビデオです。



Katie Melua は「Over The Rainbow」もテレビ番組で Eva Cassidy とデュエットしており、それが下の動画になります。



Eva Cassidy の透き通った歌声はイギリス人の心を魅了しました。そして逆輸入という形で全米でも大ヒットし、全世界にその名が知れ渡ることになったのです。自分の音楽が全世界に知れ渡ることを知らずに亡くなった Eva ですが、きっと天国で喜んでいることでしょう。

1996年、Eva の癌が発見された時はもう既に末期でした。1996年9月、Eva は激痛を和らげるために強力なモルヒネ(鎮痛剤)を打ち、松葉杖をついてライブハウスに現れ、ステージ上にあるストゥールに座って最後の演奏をしました。観客は Eva の癌のことを知っており、みんな涙を流していたそうです。そして Eva が最後に歌ったのが、「What A Wonderful World」でした。

そしてこの最後の演奏の6週間後、Eva は永眠しました。



私は子供の頃から海外に憧れ、いつか行ってみたいと思っていました。10代の頃に初めて聴いた「Over The Rainbow」が、その海外への憧れといつも繋がっていました。虹の向こうにはどんな素晴らしいものがあるのだろうといつも思っていました。虹の向こう、そして「Over The Rainbow」、「What A Wonderful World」の両方の歌に出てくる青空を見つめながら、今でも遠い向こうにはきっと何か素晴らしいものがあるのだと信じながら生きていきたいと思っています。

最後になりますが、Eva Cassidy の素晴らしさは歌声だけではなく、ギター演奏も優れています。ギター演奏は9才の時から始めたそうです。「Over The Rainbow」で奏でるギター演奏は素晴らしく、YouTube ではレッスン動画もあるほどです。下の動画がそのレッスン動画ですが、みなさん練習してみては如何でしょうか?





それでは次回はギターの話に戻ります。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2016/05/05(木) 06:05:01|
  2. ミュージシャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

二人の日本人女性シンガーソングライターがご来訪

ちょうど一週間前の7月30日、2人の若い日本人女性が私の工房を来訪されました。二人共20才のシンガーソングライターで、一人は平野なゆたさん、もう一人は陣内ゆーりさんです。

そもそも工房訪問のきっかけは、なゆたさんがフランスに10月まで滞在中で、ロンドンへの小旅行予定のことをフェイスブックに投稿したところ、なゆたさんが使用しているウクレレを製作したウクレレ工房「マコレレハンドクラフト」の方から私のことを紹介していただいたからだそうです。

なゆたさんとカフェで待ち合わせをし、しばらくしてからゆーりさんが合流して3人で私の工房へ向かいました。なゆたさんとゆーりさんは共に関東出身で、数年前に家族で沖縄に移住されており、沖縄の高校での同級生だそうです。

なゆたさんは10月に沖縄に戻る予定で、ゆーりさんは3ヶ月のロンドンでのホームステイを終え、近々沖縄に戻るそうです。

二人共ギターやウクレレを弾きながら歌うシンガーソングライターで、工房では私のギターを試奏していただきました。二人共作詞作曲をする素晴らしい才能の持ち主で、英語の曲も作られます。これからの二人の活躍に大いに期待したいと思います。

1945.jpg
なゆたさんです。りんけんバンドの照屋林賢プロデュースでCD も出されています。

なゆたさんの動画です。


なゆたさんのブログです。
http://nayu.ti-da.net/

1946.jpg
ゆーりさんです。

ゆーりさんの動画です。


ゆーりさんのブログです。
http://undertheskiesoflondon.tumblr.com/

1947.jpg

1948.jpg



  1. 2013/08/06(火) 10:42:52|
  2. ミュージシャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yoko Ono Plastic Ono Band のライブ

すみません。ブログがちょっとご無沙汰になってしまいました。前回の投稿は日本に滞在している時です。母が病気ということで4月に2週間帰省したのですが、ロンドンに戻った2日目に母の容体が急変したとの連絡が入り、ロンドンには僅か3日間滞在しただけで再び日本に飛び立ちました。残念なことに母は亡くなってしまったのですが、海外生活というハンデがあるにも関わらず、最期を看取ることが出来て本当に幸せだと思っています。2回目の滞在は1ヶ月間にも及び、1回目の滞在と合わせ、合計1ヶ月半の滞在になりました。その間全く仕事をしていないので、今は遅れを取り戻すために頑張っています。

ところで6月14日にオノ・ヨーコさんのライブを観るという機会に恵まれました。前日にロンドンの友人(彼のギターを修理中)から連絡があり、オノ・ヨーコさんのライブに招待出来るけど来ないかというお誘いでした。こんなチャンスは滅多にないので即答でオーケーし、ライブ当日、胸をワクワクさせながらライブ会場のロイヤル・フェスティバル・ホールへ向かいました。

会場のゲスト専用のチケットデスクに私のチケットが入った封筒が用意してあり、中を開けてみるとチケットだけではなく、ライブが終わった後のヨーコさんやバンドメンバー達も参加するパーティーへの招待パスも入っていました。なんとラッキーなことでしょう!

ライブはまず15分間ぐらいの映画が上映され、それからYoko Ono Plastic Ono Band の登場です。ヨーコさんを除くPlastic Ono Band のメンバーは7名で、その中には息子のショーンがおり、日本人のメンバーも3人含まれています。正直言って、ライブは期待以上でした。ヨーコさんのライブがここまで凄いとは思いませんでした。正に「百聞は一見に如かず」ですね。ヨーコさんが発する奇声は耳障りなものではなく、音楽と一体化した素晴らしいものでした。そして今年80才になられたというのに、体を動かしながら、そして踊りながら素晴らしくエネルギッシュなパーフォーマンスを演じるのです。そして何と言ってもPlastic Ono Band の演奏が素晴らしい!息子のショーンはバンド全体を指揮している感じで、ギター、ベース、ピアノと、曲が変わるたびに楽器も持ち替えて素晴らしい演奏をしていました。ドラムを叩く日本人女性のパワーが凄く、メンバー紹介では一番大きい歓声が上がっていました。

ライブの後はコンサート会場内にあるパーティー用の部屋へ移動しました。パーティー会場には100人ぐらいのゲストがいたのではないでしょうか。私を招待してくれた友人がバンドメンバーを紹介してくれようとしたのですが、その時ちょうどイギリス人夫婦から話し掛けられ、メンバーの方々と話すタイミングが逃してしまいました。後でドラム担当の日本人女性とはお話が出来たのですが、ギターの日本人男性、キーボードの日本人女性とは話す機会を逃してしまいました。ヨーコさんとショーンも会場にいましたが、常に誰かが彼らの周りにいて、話し掛けることが出来る状況ではありませんでした。

私はよく日本が恋しくなるのですが、こういう体験が出来ることを考えると、ロンドンに住んでいて良かったなと勝手なことを思ってしまいます。

このブログはアコースティックギター関係のブログなので、ライブでショーンが使用したギターを紹介します。アコースティックギターは Gibson J-200 のナチュラル。エレキはよく分かりませんでしたが、Fender 系のジャッズマスターぽいギター2本でした。

ところで、先程ヨーコさんは今年80才と書きましたが、1ヶ月前に亡くなった母も生きていたならこの6月14日が80才の誕生日でした。母の80才の誕生日に、同じ80才のオノ・ヨーコさんのエネルギッシュなステージを観ることが出来、本当に素晴らしい一日となりました。

1855.jpg
YOKO ONO’S MELTDOWN といって、6月14日から23日までいろんなコンサートがあるようです。

1856.jpg
私が頂戴したチケットです。ピンクのパスはライブ後のパーティー用です。

1857.jpg
ライブ前です。ステージ上のスクリーンにはヨーコさんの作品が映し出されていました。映画はまだ上映されていません。

1858.jpg
なかなか良い席でした。これはライブの最後の方で、みんな総立ちになっています。

1859.jpg
最後の方になるとみんな写真や動画の撮りまくりです。

1860.jpg
パーティー会場でのヨーコさん。帽子を被った小さい方です。

1861.jpg
ショーンです。ロングヘアーですが、パーティー会場では髪を帽子の中に入れていました。

  1. 2013/06/19(水) 02:01:46|
  2. ミュージシャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポール・マッカートニーに遭遇!

今日はちょっと前の話になるのですが、6月21日(木)に街でポール・マッカートニーに遭遇した話です。この話は既に Facebook に投稿しているのですが、写真も無かったし、ブログでは書いていなかったので、ここでもう一度写真付きで紹介することにしました。

私は毎週木曜日にロンドンの中心街にあるギターショップ、Ivor Mairants Musicentre でリペアーの仕事をしています。そして6月21日木曜日、いつものように地下のアコースティック売り場の奥にある小さな作業場で仕事をしていました。ちょうど昼前だったと思うのですが、1階にいたスタッフの一人の声が聞こえてきたのです。

「ポール・マッカートニーが表を歩いているぞ!」

その声を聞いた途端、私は無意識に行動を起こしていました。手に持っていた道具をすぐに作業台の上に置き、iPhone を手に取って(無意識に、もしかしたら写真と思ったのでしょう)階段を駆け上がっているのです。スタッフの話では、ポールは右方向に歩いて行ったというので、一目見ようと店の外に出て右方向を見ました。大勢の通行人がいるのでポールがどこにいるのか分からず、小走りに右方向に行ってみると、いました!!後ろ姿でもはっきりとポールだと分かりました。周りの通行人はあまり気づいていないようです。2,3人の通行人が気づいたみたいで、ポールとすれ違った後、振り返っていました。やっと10メートルぐらいの距離に近づいた時、ポールは立ち止まり、ちょうど脇で行われていた道路工事の現場を覗き始めました。

その時横顔が見えました。確かにポールです!

そしてポールがまた歩き始めた時、私はやっと追い付きました。ドキドキしながら、ポールの背後から声を掛けました。

「Excuse me?」

ポールには聞こえなかったらしく、もう一度声を掛けると振り向いてくれました。今まで何十年も写真や映像で見てきたあのポールの顔が、私の真正面にあるのです。顔のシワは深いですが、3日前に70才になったとは思えないエネルギッシュな若さを感じます。凄いオーラです。私は緊張しまくりで、Paul と呼んでいいのか、Mr McCartney と呼んでいいのか、それとも Sir Paul と呼んでいいのか分からず、私の口から発せられた言葉は、

「I know who you are.(あなたが誰か分かります)」

するとポールはニコッと微笑んで、

「How’re you doing?(元気?)」

と言ってくれました。そして握手を頼むと気軽に承諾してくれました。そして手には iPhone を持っているので、もしかしたらと思い、勇気を出して写真を撮っていいか尋ねました。しかし、それは出来ないと丁寧に断られました。それには納得です。まず私が何者なのか分からないし、後でトラブルになることも多いのだと思います。私はあまりの緊張に、それ以上会話を続けることが出来ず、感謝の言葉を述べてその場を去りました。

ショップの Ivor Mairants に戻り、スタッフ達と話したのですが、店長のマックの話では、彼がショップで働くようになってから、ポールは2回ほどショップに来たことがあるそうです。何か目星のギターがないか見に来たそうです。話をよく聞くと、このショップは1958年にオープンした老舗で、ビートルズのメンバーもお客さんだったそうです。

なぜ自分がギターを作っているとポールに言わなかったのか、という人もいましたが、そんなことを簡単に言える状況ではありませんでした。たとえ言ったとしても、相手からすれば、「だから?」ということにもなりかねません。自分はそのことを言わなかったことには全く後悔していません。ただ後で思ったのは、「自分はそこの Ivor Mairants でリペアーをやっているから、調子の悪い楽器があればいつでもどうぞ」ぐらいは言ってもよかったかなとは思っています。でもその時は緊張しまくりで、そんなこと全く頭の中に浮かびませんでした。

ということで、夢にも思わなかった出来事の話です。災害は突然やって来るとはいいますが、良いことも突然やって来るんですね。この時は、ロンドンに住んでいて本当に良かったなと心から思いました。

1533.jpg
「ポール・マッカートニーが表を歩いているぞ!」という声が聞こえた時、この作業台で仕事をしていました。

1534.jpg
まず表に出て右方向を見ます。もうどこにいるか分かりません。

1535.jpg
バスが走っている通りはオックスフォード・ストリートで通行人が多い通りです。

1536.jpg
人通りの多いオックスフォード・ストリートを横切ると、この通りの左側歩道を歩いているポールの後ろ姿を発見!ポールは車道を斜めに横切って、右側の歩道に移りました。

1537.jpg
そしてここを右に曲がります。

1538.jpg
私も角を右に曲がりました。するとポールは立ち止まって、ちょうど「Creating」と書いてある看板のところから、工事現場を覗き込んでいました。当時はまだ覗けるようになっていました。

1539.jpg
そしてこの「Creating」の看板の前でポールと会話したのです。

1540.jpg
ポールの写真は撮れなかったので、アビーロードの横断歩道上で撮った、別のポールの写真を載せますね。前から3番目がポールです(笑)。もちろん裸足です。面白いのは、この横断歩道でポーズを取る観光客の多くは、いつも止まった状態の時、左足と左腕が前なのです。写真に写るために、自然とこの形になるようです(笑)。

1541.jpg
ポールが撮影前に脱いだ靴です(笑)。



  1. 2012/10/15(月) 16:23:06|
  2. ミュージシャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まだまだ雲の上の人だったジャクソン・ブラウン

私は10代後半から Jackson Browne(ジャクソン・ブラウン)の音楽が好きで、コンサートも日本、アメリカ、そしてイギリスの3カ国で行きました。メロディーはもちろんのこと、詞も素晴らしく、いつも憧れのミュージシャンでした(今でもそうです)。彼はアコースティックギターもよく弾くのですが、昔はよくGurian のギターを弾いていて、最近では Roy Smeck などの Gibson 系のギターをはじめ、いろんなアコースティックギターを弾いています。個人製作家のギターでは、Kevin RyanRoy McAlister のギターを弾いています。Roy McAlister のギターは、David Crosby が Jackson Browne に紹介し、Jackson がRoy McAlister にオーダーしたそうです。オーダーしたギターは、Jackson Browne がお気に入りの Gibson の Roy Smeck をモデルにしたギターでした。

Jackson Browne は、2005年にアコースティックギターとピアノだけのライブアルバム「Solo Acoustic Vol. 1」を発表しました。そしてツアーを開始し、ロンドンにも2006年の3月26日にライブを行うことが決まりました。メンバーは Jackson Browne と、旧友の David Lindley だけです。もちろん、チケットはすぐに購入しました。この二人だけのライブは、昔買ったブートレッグのレコードでは聴いたことはありましたが、実際にライブを観るのは初めてです。二人だけのライブなので、コンサート会場は劇場ということです。

そしてあるアイデアが浮かびました。もうすぐ完成する3本のギターがあるので、そのうちの2本を Jackson Browne に見せることはできないかなと。私の頭の中には、「もしかしたら」という言葉が浮かんでいました。「当たって砕けろ」だと思い、駄目元で彼のオフィシャルウェブサイトからメールを送ることにしました。内容は、自己紹介をし、もしかしたら自分が製作したギターを試奏していただけないかと。

2,3週間経っても返事は来ません。もう一度送りましたが、返信はありませんでした。オフィシャルウェブサイトは彼のマネージメントが管理しているので、私のメールが Jackson Browne に届いているかどうかは確かではありません。しかし、何もやらない後悔よりも、やって駄目で諦める方がましだと思い、あることを決行することにしました。

コンサートの後に建物の横にある楽屋の出入り口で待って、Jackson Browne が出てきた時に話してみようかなと。コンサート当日、ギター2本を積んだ車を歩いて5分程のところに駐車しました。話せるチャンスが訪れた時には、車までギターを取りに行くつもりでした。

コンサート後、外の楽屋の出入り口に向かいましたが、なんとファンが50人ほどいるのです。これでは話す機会は難しいなと思いました。とにかく、本人が現れるのを待ちました。1時間ぐらい経っても現れません。他のファンも根気強く待っています。そしてまず、David Lindley が現れました。早速、ファンと人達は彼の周りに集まり、サインを求め始めました。David Lindley はユーモアのある人で、みんなと楽しく談笑しています。

David Lindley の登場から15分ぐらい経って Jackson Browne が現れました。その距離ほんのわずかです。でも話し掛けることができるような状態ではありません。ファンの数が多く、私が彼にギターのことを話して試奏してもらえるなんて絶対に無理な状況です。

結局、Jackson Browne に話し掛けるのは無理でした。人が多過ぎます。David Lindley には話し掛けることができました。でもギターのことは言えませんでした。もうそんな雰囲気ではないのです。彼に尋ねたのは、ラップスティールでは何のカポを使っているかということです。くだらない質問かもしれませんが、コンサート中に気になっていたのは本当です。

そして二人はファンとの談笑を終えた後、待機していたツアーバスに乗り込み、次のコンサート地、スコットランドに向けて出発しました。おそらく、バスの中で一夜を過ごすのでしょう。

やはり Jackson Browne は、まだまだ雲の上の人でした。でも後悔はしていません。後になって考えてみると、こんな大それたことをしようとしたことも良い経験だったと思います。そして車に積んでいた2本のギターのうちの1本を、5か月後に James Taylor の息子、Ben Taylor が購入することになるのです。

1510.jpg
2005年に発表されたアコースティックアルバム「Solo Acoustic Vol.1」です。

1511.jpg
ロンドンのライブでも、ステージの後ろの10何本かのアコースティックギターを並べ、曲ごとにギターを変えていました。

1512.jpg
ケースも並べてありました。

1505.jpg
まず David Lindley(中央の白いもみあげの人)が現れました。

1506.jpg
そして Jacson Browne の登場です。

1507.jpg
Jacson Bronwe と David Lindley が談笑しています。

1508.jpg
Jacson Bronwe に見せようと思って車に積んでいたギター2本です。

1509.jpg
右側の小ぶりのギターは、後ほど、James Taylor の息子、Ben Taylor が購入しました。

 



  1. 2012/09/05(水) 02:43:43|
  2. ミュージシャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (135)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。