FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

バスカー in Brighton

昨日(土曜30日)にブライトン (Brighton) に行ってきました。以前、 The Acoustic Music Company in ブライトン でお伝えした街です。私はこの街が大好きで、最近は月に2回ぐらい行っています。ロンドンから南下した海辺の街で、きれいな海がある上に、クラフトショップが多くあるなど、ちょっとピッピーっぽいカルチャーがあるのも好きです。あっ、それと、ゲイの人達が多い街でもあります。

この街で何をするかっというと、やはり時々潮の香りを嗅ぎたいので、海辺を歩いたりとか、街を散策しながらカフェでお茶や食事をしたりして街の雰囲気を味わっています。そして勿論、高級ギター専門店 The Acoustic Music Company があるのも大きな理由のひとつです。

The Acoustic Music Companyへは行ったのですが、この日は気さくに応対してくれるギターセールス担当のマイケルがいなかったので長居しませんでした。ということで、今回はこの店の写真はなしです。その代わり、この街にはバスカー(ストリートミュージシャン)が多くいるので、その写真を紹介したいと思います。街のサイズに比べてバスカーが多く、子供のバスカーを見かけるのも特徴です。

0120.jpg
ブライトンのビーチです。遠くに見えるBrighton Pier (ブライトンピア桟橋)の上には、ゲームセンターとか遊園地があります。

0121.jpg
綱渡りをしながら、バイオリンを弾く大道芸人です。バイオリンは無意識に弾いて、神経は綱渡りに集中しているのかなと勝手に思ってます。

0122.jpg
3 ピースバンドです。プルースっぽい曲をスライドギターで弾くなど、カッコ良かったです。

0123.jpg
まだ12才ぐらいの少年でした。声変わりしていない高音の声で上手に歌っていました。

0124.jpg
この少年は15才ぐらいでした。お金を入れると、顔を上げ、ニコッと微笑んで「Thank you」と言ってくれました。

0125.jpg
オープンDのチューニングから、バリバリかっこいいスライドのフレーズを奏でていました。

0126.jpg
アイリッシュ・ブズーキかなと思ったのですが、弦長がちょっと短いですね。この人もカッコ良かったです。


これは私が撮った動画ではありませんが、この街ではこのように子供のバスカーを見かます。
http://www.youtube.com/watch?v=oyvzzqRGpg4


この二人はよく見かけるのですが、今回は見かけませんでした。
http://www.youtube.com/watch?v=pTkPktw8-uw



  1. 2010/01/31(日) 11:06:13|
  2. ミュージシャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード