FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

溝削り 32回

バインディングの溝削りを4台まとめてやりました。自家製の専用治具を使用しての作業です。片方ずつ削るのですが、溝は段々になっているので2回削ります。よって、1台で8回(表4回、裏4回)削ることになります。今回は4台分なので、合計32回削りました。一応専用治具なので、きれいに削れるのですが、やはり機械を使う時は神経を集中させるので、32回やると疲れます。機械は絶対に侮れません。

溝の幅、深さは均一に削れることになっているのですが、実際には、寸法(特に深さ)にばらつきが出てしまいます。そこで、最終仕上げは毛引を使います。これを使用すると、正確な寸法で削れます。

0252.jpg
このように、バインディングの溝削りは専用の自家製治具を使います。トリマーは上下に移動します。

0253.jpg
自家製治具です。どんなボディシェイプでもフィットします。

0254.jpg
ビットの下にはベアリングが付いていて、これがシェイプのガイドとなります。

0255.jpg
機械は何回使用しても神経を使いますね。

  1. 2010/03/23(火) 13:00:26|
  2. 製作工程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
前のページ 次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード