奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤマハ The FS

ちょっとアップするのが遅れましたが、先週の土曜日(20日)、ロンドンで親しくしている知人、亀井さん(以前の記事、ギブソン・ハミングバードの方ではありません)の家に遊びに行きました。この方も大のギター好きで、ギターはもちろん、70年代からのフォークミュージックやギターの本・雑誌等の資料も多数所有されております。つい最近、日本からヤマハのギターを買って来られました。モデル名は The FS で、表板、裏板、側板はすべて単板で、表板はスプルース、裏板・側板はマホガニーです。お茶の水の楽器屋に中古で委託販売してあり、試奏するとコンディションも良く、値段も手頃だったので、衝動買いをしてしまったそうです。私も試奏しましたが、音はマホガニーのカラッとした音で、かなり良いコンディションでした。あと持ってみるとすごく軽いのには驚きました。
この日は、以前に記事、「バスカー 土門秀明氏」に登場していただいた土門さんも来ていたので、彼にビートルズのIn My Life のショートバージョンを弾いてもらい、動画を撮りました。


http://www.youtube.com/watch?v=KY_KvSwRV_U

この日も皆で楽しくビールを飲み、ギターの話で盛り上がりました。因みに食事は亀井さんの奥さんが作ったシーフードカレーで、ものすごうまかったです。

0256.jpg
ヤマハ The FS を弾く土門秀明氏。土門さんもヤマハの FG・FS シリーズが好きだそうです。

0257.jpg
The FS の正面です。表板はスプルースです。多分シトカ・スプルースと思うのですが・・・。

0258.jpg
裏板・側板・ネックはマホガニーです。

0259.jpg
ボディ内にある赤いラベルです。


スポンサーサイト
  1. 2010/03/27(土) 03:38:56|
  2. ギター紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。