奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ディスクサンダーの小さいサンドペーパー

私の持っている機械の中にベルトサンダーとディスクサンダーが一緒になったものがあります。1つのモーターを2つのサンダーが共有して回転する機械です。

0775.jpg

この機械は、使用頻度が比較的高く、あらゆる工程で重宝しています。特にディスクサンダーは、物を載せるテーブルに対して、丸いディスク状のサンダーが直角に位置しているため、物体の直角面出しに非常に役立っています。

ところで、ここで私の面倒臭がり屋の部分が露呈してしまっています。別にここで公表することでもないのですが、自分への戒めの為に敢えて公表します。下の写真を見て下さい。

0776.jpg

ディスクサンダーですが、何かおかしくありませんか。まっ、一目瞭然ですが、サンドペーパーが小さいのです。これは直径9インチ(228.6ミリ)のディスクサンダーですが、貼ってあるサンドペーパーは直径6インチ(152.4ミリ)なのです。なぜこういうことになっているかというと、私の面倒臭がり屋の表れなのです。

9インチのサンドペーパーが磨り減ってしまったので、新しいペーパーに取り替えようと思いました。ところが、在庫が無いのに気づき、直ぐにオーダーすれば良かったのですが、昔所有していた、小さいディスクサンダーのサンドペーパー(6インチ)が数枚余っていたので、使わないのも勿体無いと思い、一時的に使うことにしました。そしてその後どうなったかというと、ご覧の通りです。もう何ヶ月も経つのに、未だに小さいサンドペーパーのままです。駄目ですね。勿論、大きいサンドペーパーの方が様々な工程に対処できるのですが、この小さいサンドペーパーでどうにかやってきました。

ということで、直ぐに大きいサンドペーパーに取り替えようと思います。良いギターを作るには、自分の中身を変えないといけませんね。猛省、猛省。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/25(金) 12:20:12|
  2. 機械
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。