FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

改造洗濯バサミのクランプでカーフト・ライニングを接着

洗濯バサミのクランプの先端を改造」で紹介した洗濯バサミの改造ですが、1日に5個改造と決めていましたが、5個以上改造する日もあり、現在は60個以上を改造しました。5個を改造するのにどれだけの時間を要するのか知りたくなり、時間を計ったのですが、前にも言ったように、1回目は50分、そして4回目は24分32秒9というように、段々慣れてきてかなりスピードがアップしてきました。そして現在の最短記録はなんと、13分58秒です!1回目の3分の1以下ですね。慣れって凄いですね。これからもこの要領で、他の工程もスピードを上げていきたいと思います。

改造した洗濯バサミのクランプですが、やはりカーフト・ライニングのシェイプどおりにクランプするので、押さえる力が増し、カーブの部分でどうしても隙間が空いていたところも塞げるようになりました。さあ、これからも知恵を絞って、向上できるところは変えていかないといけませんね。

下の写真は、最近のカーフト・ライニングの接着の様子で、改造クランプで留めているところです。

1342.jpg
先端をカーフト・ライニングのシェイプに改造した、洗濯バサミのクランプです。輪ゴムを巻くと、強度が増します。

1343.jpg
カーフト・ライニングのシェイプどおりに押さえられるので、押さえる力が増しました。

1344.jpg
特にサイドの端のカーブラインがきついバック側にその力を発揮します。

1345.jpg
サイドとカーフト・ライニングの間に隙間がありません。きれいに押さえられています。

1346.jpg
きれいに接着できました。満足。

1347.jpg
カーフト・ライニングの接着が終わりました。

1348.jpg
さあ、次に進みます。

スポンサーサイト
  1. 2012/01/27(金) 02:06:54|
  2. 製作工程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。