奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フレット・スロットの深さをチェックする小道具

ギター製作においては、自分でいろんな道具を作ったりするのですが、今日はフレット打ちをする時の自作道具の紹介です。

初めて指板にフレットの切り込みを入れる時も、修理でフレットの打ち換えをする時も、フレット・スロットの深さが十分にあるかどうかを調べる時に下の画像の小道具を使います。フレットを打ち込む前に、フレットの下の部分、タングが全部フレット・スロットに入ってしまうかどうかチェックしないといけません。テーブルソー(機械)でフレット・スロットを切る場合は、スロットの深さが分かりますが、フレットソーを使って手で切る場合は、十分な深さに切れたかどうか分からないので、この小道具を使ってチェックします。

1544.jpg
このようにしてフレット・スロットの深さをチェックします。因みに、この指板は修理でフレット打ち換え中で、私のギターではありません。

1545.jpg
フレットの下の部分、タングに切り込みを入れて曲げ、片方のタングの出っ張っている部分を削ります。作るのは簡単です。

スポンサーサイト
  1. 2012/10/25(木) 01:42:25|
  2. 道具・工具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (135)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。