奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブリッジの上部はフラット、それともアーチ?

今回は前回の「Taylor のサドルをギリギリまで低く」に関連した記事です。
前回の話では、ネックが前倒しになってネックリセットが必要にもかかわらず、取り敢えず一時的に弦高を下げられるところまで下げてくれということでした。前回の記事の写真でも分かるように、特に1弦側のサドルの高さは僅か1/64インチしかなく、かろうじて弦が載っている感じでした。

ということで、ブリッジの表面はフラットであるべきか、それともアーチしているべきか、ということをお話ししたいと思います。

ブリッジの表面の形状は、大まかに言うと3種類あります。

1. フラット。
2. 指板のアーチ(アール)よりも緩やかなアーチ。
3. 指板のアーチ(アール)と同じアーチ。

これはメーカーによって違うのですが、リペアーをした Taylor はフラットになっています。

1681.jpg

別にこれが悪いというわけではないのですが、私の個人的な意見としては、フラットよりもアーチしている方が良いと思います。ネック角(ボディに対してのネックの角度)が正常であれば問題は(あまり)無いと思うのですが、ネックが前倒しになってしまった場合、弦高が高くなるのでサドルを低くしなければなりません。その場合、前回の Taylor のようにサドルの両端が極端に低くなってしまい、下の写真でも分かるように、1弦側のサドルは殆ど高さが無くなってしまいます。

1680.jpg

特に1弦は水平に近い形でサドルに載っているため、サドルに対しての弦のテンションは小さくなってしまい、張りのある音が損なわれてしまうと思います。もしこのブリッジがアーチしていれば、サドルの両端はもっと上に出ることになり、サドルに対しての弦のテンションがもっと得られます。

もう一度断っておきますが、これはあくまでも私の個人的な見解で、フラットが絶対に悪いとは言っていません。ただサドルが低くなった時のことを考慮すると、アーチしている方が良いのではと思います。フラットなブリッジのギターは多くのメーカーに見られ、例えばギブソンの J-200 のマスタッシュブリッジはフラットになっていますね。

そのギブソンですが、モデルによって違いがあり、例えば下の写真の J-100 は、指板のアーチ(アール)が半径12インチの円周、ブリッジは半径16インチの円周と異なっています。

1682.jpg

1683.jpg

個人的にはフラットよりも良いと思います。しかし、一番良いのは、指板のアーチ(アール)とブリッジのアーチ(アール)が同じになっていることではないでしょうか。

その理由は2つ。

1. さっき言ったように、サドルの高さを十分に得ることができ、弦のテンションを多く得ることが出来る。たとえサドルを低くすることがあっても、フラットのブリッジに比べるとまだまだ高さがある。

2. ヘッド側から覗き込むネック角のチェックがしやすい。ネック角をチェックする場合、ヘッド側から覗き込み、指板の端のラインの延長線がブリッジのどこに当たるチェックします。ブリッジの上部に当たれば正常なネック角なのですが、これは指板とブリッジのアーチが同じ場合です。ブリッジがフラットだったり、指板のアーチと違うアーチだったら正確なネック角が分かりづらいのです。この場合、肉眼だけのチェックでは分からないので、真っ直ぐの定規をネックに当て、定規の端がブリッジのどこに当たるかチェックしないといけません。

上の2つの理由により、私は指板とブリッジのアーチは同じ方が良いと考えるわけです。因みに私のギターは指板もブリッジも16インチのアーチ(アール)です。

Martin 社は同じアーチになっていますね。もしかしたら同じアーチになっていないモデルもあるかもしれないので、もし違っていたらご了承下さい。

断っておきますが、私が言っていることが正しいとは限らないので、「あっ、そうか」みたいな感じで軽く受け止めて下さい。人によって考え方も違いますからね。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/20(水) 19:55:29|
  2. 製作工程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。