FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒールにストラップボタンの取り付け

Ivor Mairants で売れたばかりのギターにストラップボタンを付けることになりました。

1741.jpg

アコースティックギターにはエレキのようにネックの付け根辺りにストラップボタンが付いていないため、立ったままギターを演奏したい時は、ストラップをネックとヘッドの間に巻くか、ヒール部分に穴を開け、新しくストラップボタンをつけなければなりません。

そのストラップボタンをヒールのどこに付けるかは、大体2種類あります。一つはヒールキャップ、そしてもう一つはヒールの高音弦側です。個人的には、前者はあまりお薦め出来ません。なぜなら、ギターを握っている時はいいのですが、ギターから手を離すと、ギターが前に倒れ、体から離れ気味になります。やはりお薦めは、ヒールの高音弦側です。これだとギターから手を離しても、ギターは体から離れようとせず固定されます。

さて問題はこのストラップボタンをヒールの高音弦側のどこに取り付けるかです。私は以前にもストラップボタンを取り付けたことがありますが、取り付ける場所は大体の感覚で行なっていました。そしてこのギターショップでリペアーをするようになり、ストラップボタンの取り付けを頻繁にするようになりました。最初に取り付ける時にショップのスタッフが教えてくれたのは、Collings Guitars のウェブサイトに取り付ける場所が載っているので参考にしてみたらということでした。早速調べてみると下の図のように、指板とネックの接着面から7/8インチ(約22.2ミリ)、ヒールとボディの接着面から7/8インチ(約22.2ミリ)の位置が適しているとのことでした。これはあくまでもマーティンスタイルのギターの場合です。メーカーによってはヒールの形状が異なるので、全てのギターに適しているとは思いません。

1742.jpg

まずマスキングテープを貼り、穴を開ける場所を決めます。

1743.jpg

下の写真のように、ストラップボタンを置いた状態で穴を開けます。これは正確な角度で開けるためです。正確な角度で開けるのは難しいです。ネジで締めてみると角度が違っていたということもよくあります。

1745.jpg

穴が開きました。

1744.jpg

ネジを締めてストラップボタンを固定します。実は、十分に注意を払ったつもりでしたが、やはり穴の角度がちょっとずれていました。これだとストラップボタンの片側がヒールから浮いた状態になってしまいます。穴を木で埋め、新たに穴を開け直しました。今度は大丈夫でした。

1746.jpg

完成です。

1747.jpg

ただ穴を開けるという単純な作業ですが、塗装を傷付けてはいけないし、穴の角度は大事だし、いつも緊張してしまいます。でも単純な作業にも緊張感は必要ですよね。

スポンサーサイト
  1. 2013/03/30(土) 13:31:40|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。