奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

The London Acoustic Guitar Show 2013 初日

9月7日(土)と8日(日)の2日間、今年で3回目となる The London Acoustic Guitar Show 2013 が開催されました。前回の記事「The London Acoustic Guitar 2013 の搬入の手伝い」でもお知らせしたように、今回は私がリペアーを担当しているギターショップ Ivor Mairants Musicentre のブースが去年より縮小され、今回の私のギターの展示はありませでした。しかしショー前日に搬入の手伝いをし、初日の7日(土)だけスタッフとして(スタッフらしい仕事はしていませんが)会場に行きました。

今年は去年に比べて入場者数が少なかった感があり、出展ブースもちょっと減っていたように感じられました。去年まで出展していた MartinCollings がいませんでしたね。

英国で最大のアコースティックギター・ショーなので、これからもずっと続いて欲しいと思っています。そして来年以降の出展を目指し、心を引き締めて製作に励みたいと思います。


去年(2012年)のショーの模様です。

2016.jpg
ブースでの演奏です。

2017.jpg
カフェの前のステージにて。

2018.jpg
Terry Pack Guitars という英国のメーカーです。Terry Pack 氏がデザインして、製作はベトナムで行なっているそうです。

2019.jpg
Terry Pack Guitars のウクレレ。

2020.jpg
北アイルランドのメーカー、Lowden Guitars のブースです。人気がありましたね。写真には写っていませんが、オーナーの George Lowden 氏もいらっしゃいました。ところで、日本ではローデンと呼ばれていますが、英語ではラウデンと発音します。間違いだらけの日本人の英語のひとつです(笑)。

2021.jpg
Tanglewood です。

2022.jpg
日本のメーカー、Takamine のブースです。そしてその左横に小さな Guild のブースが隣接していました。

2023.jpg
Furch Guitars というチェコのメーカーです。

2024.jpg
Yahama です。

2025.jpg
Taylor のブースです。

2026.jpg
Taylor のブースに展示されていたピックアップのシステムを紹介したギター内部です。

2027.jpg
高級ギターを取り扱う The North American Guitar のブースです。

2028.jpg
The North American Guitar では今年から Froggy Bottom Guitars を取り扱うようになり、6本展示されていました。

2029.jpg
英国の Avalon Guitars です。倒産したはずなのですが、なぜかブースがありました。

2030.jpg
我が Ivor Mairants Musicentre のブースです。去年よりブースが縮小されました。今年は展示するギターを2社に絞りました。Santa Cruz が右側に12本、Collings が左側に4本です

2031.jpg
Collings のギター4本です。今年は Collings が出展をしなかったので、Ivor Mairants のブースで出展して欲しいとの依頼があったそうです。

2032.jpg
Collings の 000 です。最近この色のサンバーストをよく目にするようになった気がします。いいサンバーストですね。

2033.jpg
Collings の Tree-Of-Life のインレイ。

2034.jpg
Collings のドレッドノートを弾くお客さん。フラットピックでのピッキングが強いので、傷が付かないかヒヤヒヤでした(笑)。

2035.jpg
Santa Cruz のギター群。

2036.jpg
最近入荷した Santa Cruz のボディ全部がコアのモデルです。

2037.jpg
美しいトラ目です。

2038.jpg
Santa Cruz の バリトン・ギター(Bob Brozman モデル)です。スケールが長く、27インチあります。

2039.jpg
Santa Cruz の13フレット・ジョイントのモデル、H13 です。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/14(土) 08:03:01|
  2. ギターショー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。