奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりのブライトン!でも...

昨年の後半はブログの更新が滞ってしまいました。書きたい記事はいろいろとあったので、昨年の出来事になりますが、順を追って書いていきたいと思います。

昨年の11月23日、2年数か月ぶりにロンドンの南にある海辺の街、ブライトンへ行きました。以前は頻繁にブライトンへ行っていたのですが、最近はちょっとご無沙汰していました。ブライトンは私が好きな街で、このブログにも何回も登場しています。

今回ブライトンへ行った理由は、知り合いのイタリア人、アンドレアから誘われたからです。彼はギターフリークで、彼のギターは数本、何回も修理を請け負っています。彼はブライトンのギターショップ、The Acoustic Music Company (このブログに何回も登場しています)にある Mike Baranik のギターが気に入っており、このショップを通して Baranik にカスタムオーダーしようかなと考えています。そしてなぜ私をギターショップに誘ったかと言うと、ショップにある Baranik のギターと、彼が所有している Santa Cruz Guitar Company00-Skye (このブログにも登場したギターですが、わざわざロンドンからの持参です)との音を聴き比べて欲しいと言うのです。私の意見を考慮した上で、オーダーするかどうか決めたいと言うのです。もしオーダーするのであれば、00-Skye は売りたいそうです。

正直言ってどちらのギターが良いかと言うのは難しいです。これは好みの問題だと思います。実際に2本のギターの音を聴いてみて、もちろん違いはありますが、どちらが良いというのは好みの問題です。Baranik のギターの方が高音が伸びる感じがし、00-Skye の方はそれに比べると、ちょっとこもったような音に感じますが、だからと言ってBaranik の方が良いギターとは言えないと思います。アンドレアには正直に言いました。今現在、彼はどうするかまだ迷っています。

今回のブライトン行きは楽しみにしていたのですが、行ったのはギターショップとお昼を食べた数軒先のカフェだけです。久しぶりに海岸に行ったり、街を散策したりしたかったのですが、交通費も食事代もアンドレアが全部払い、彼のギターのためのブライトン訪問だったので仕方ありません。また別の機会に自分だけで行きます。

2090.jpg
The Acoustic Music Company の店内です。カウンターの中にいるのはオーナーのトレバーさん。

2091.jpg
ショップの一番奥には試奏室があります。

2092.jpg
お目当ての Baranik のギターを弾くアンドレア。

2093.jpg
これは別の Baranik です。バックとサイドには Machinga (マチンガ)という木材が使用されています。

2094.jpg
これが Machinga (マチンガ)です。綺麗ですね。

2095.jpg
壁にはアメリカとカナダの高級ギターがずらりと並べられています。

2096.jpg
カウンターの後ろにも高級ギターが。

2097.jpg
このショップにはフラットマンドリンも豊富に品揃えされています。というのは、オーナーのトレバーさんは元々マンドリンが専門だからです。

2098.jpg
大きいマンドチェロもあります。

2099.jpg
右側のアンドレアは、他のお客さんにも Baranik を弾いてもらい、感想を聞いていました。動画もちゃんと撮っています。もちろん、私も動画を撮られました(笑)。

2100.jpg
入荷したばかりの Ervin Somogyi (アーヴィン・ソモジ氏)のギターを弾く私。私は遠慮していたのですが、アンドレアがオーナーのトレバーさんに頼んで試奏させてもらいました。まだ陳列もされていなかったんですよ。わざわざ弾かせてくれたトレバーさんに大感謝です。このギターの値段、なんと22,000ポンド(約380万円)です!もちろん素晴らしい音でした。

2101.jpg
さあ、ギターショップを出て駅に向います。向こうに見える海には行けませんでした。

スポンサーサイト
  1. 2014/01/04(土) 04:53:14|
  2. ギターショップ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。