奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アワビ貝のストリップ作り

サウンドホールの周りに施すロゼットですが、ちょうど真ん中にアワビ貝のストリップを施します。このストリップには既製のものもあるのですが、サウンドホールの直径によってロゼットの円周が変わってくるので、貝のストリップはいつも自作しています。まだ普通の貝の状態から加工したものです。

そして今回はグリーン・アバロニ(green abalone)のハートを使います。このハートは、アワビの肉が貝にくっ付いている部分で、貝の層がラインとなって表れている部分とは違い、模様が入り組んで、とても綺麗です。

2589.jpg

通常は、ストリップの幅を1/16インチに加工していますが、今回はちょっと広くて3/32インチです。今回はどうやって幅3/32インチを切り出しているかは割愛させて頂きます。

2590.jpg

ストリップの製作でコンピュータに頼らず(もちろん、そんなもの持っていませんが)、早く正確に出来る方法は無いかと模索しておりますが、今回もいつものように時間が掛かっています(笑)。

2591.jpg

上の写真は、内側のシェイプは完成していますが、外側はまだラフなシェイプです。

2592.jpg

いろんな道具を駆使して、どうにか同じ幅になりました。まだ製作途中です。

2593.jpg

このように、私はロゼットに溝を作り、そこにストリップを埋め込む方法ではなく、始めからストリップの入ったロゼットを作ります。この方法の方が、自分にとってはやりやすいのかもしれません。では頑張ります。



************************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 13:46:04|
  2. 製作工程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (135)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。