FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベン・テイラーへ父からのギブソンJ-50

いよいよ2014年もあと僅かとなりました。今年も私の周りではいろんな事が起こりましたが、皆さんは如何だったでしょう?

2014年最後の記事は、実は去年の10月に起こった事です。その時すぐにブログに書く予定だったのですが、何か知らないけどズルズルと後回しになってしまい、なんと1年2ヶ月以上も経ってしまいました。2013年の出来事なので、なるべくだったら2014年内に投稿したいと思い、この日に投稿することになってしまいました。

2013年の10月14日、久しぶりにベン・テイラーがロンドンでライブを行うことになりました。場所はロンドンの Islington にある、「The Islington」というライブ・ハウスです。

2695.jpg

2696.jpg

2697.jpg

このブログの中でも過去に何回か書いていますが、ベン・テイラーはジェームス・テイラーとカーリー・サイモンの息子で、何年か前に私のギターを購入し、しばらくの間メインギターとしてステージの上で使ってくれました。その後、ベンへの2本目のギターをカスタムで製作したのですが、ベンはそのギターを父親であるジェームス・テイラーにプレゼントしました。

ロンドンでのライブの開演前、ベンと話をしたのですが、ベンが言うには、しばらく前に父親のジェームスの家に行った時、プレゼントしたギターを返してくれないかと頼んだそうです。するとジェームスは駄目だと断り、その代わりにこのギターを持って行けと言って、なんと、初期のジェームス・テイラーのメインギターとして有名な、ピックガード無しのギブソン J-50を渡されたそうです。

「えーーー!!!あの超有名なジェームス・テイラーのギブソン J-50 を代わりにーー!!!」

私が作ったギターはキープしたいから、代わりに J-50 を持って行けっていうなんて、本当にこんなに嬉しい事はありません。私のギターの為に、J-50 を手放したのです。本当に嘘のような話ですが、ベン本人が言うので本当でしょう。とにかくその日は舞い上がってしまいました(笑)。

今までベンはジェームスからいろんなギターを譲り受けていますが、あのトレードマークだった J-50 も譲り受けたのです。それも私のギターと引き換えに。私のギターが表に出て来ることはありませんが、それでもジェームスがコレクションの一つとして所有してくれているのは本当に嬉しいし、製作をやっていて良かったなと思います。

ベンが J-50 を持っている写真が無いので、下に YouTube の動画を載せます。動画と言っても、画面はずっと同じ画像で、ベンの後ろに、あの有名なギブソン J-50 が映っています。曲はキャット・スティーブンスのカバーで、「How Can I Tell You」です。



下の動画は、1971年に BBC で放映されたジェームス・テイラーです。弾いているのはもちろん、ギブソン J-50 です。



下の動画は、3年半前に、ベンとジェームスが初めて親子で全米ツアーをやった時です。この時は既に、私が作ったギターはジェームスにプレゼントされていたのですが、ツアーの時は、ジェームスがベンに私のギターを弾かせました。ベンが自分の持ち歌を歌う時、ジェームスは私の作ったギターを弾いてくれました。これがその貴重な動画です。私にとっては、YouTube の中で一番の宝物です。一番最初にこのブログを始めた時、最初のページの写真で私が持っているギターはこれです。



ということで、2015年度も頑張っていきたいと思います。それでは来年もこのブログを宜しくお願いします。



************************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 14:01:15|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。