FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギリシャ・ブズーキのフレット擦り合せ

製作ではスティール弦のアコースティックギターしかやっていませんが、修理となると、時々ギター以外の弦楽器にも遭遇します。今回の修理はブズーキです。

ブズーキと言えば、ギリシャとアイルランドの2種類あり、今回のブズーキはギリシャ・ブズーキです。ギリシャ・ブズーキには6弦3コースと8弦4コースの2種類があり、今回持ち込まれたブズーキは後者の8弦4コースです。

チューニングは同じ8弦4コースのマンドリンとは違い、低音弦の4弦から CFAD の配列になっています。ギターの4弦から1弦を全音(2フレット分)下げたチューニングですね。ギターのチューニングと配列が同じなので、ギターを弾ける人なら簡単に弾けると思います。4弦と3弦は複弦がオクターブ違いになっており、2弦と1弦は同じユニゾンになっています。6弦3コースのブズーキのチューニングはちょっと違っていて、3弦から DAD の配列になっています。

2882.jpg

ギリシャ・ブズーキには以前から興味があり(もちろん、アイリッシュ・ブズーキにも興味がありました)、大好きなギタリスト、David Lindley が弾いていたということも興味を持った理由の一つだと思います。

約20年前、アムステルダムのレストランで食事中、外に目を向けると、2人の若者が自転車で現れ、路上での演奏を始めました。一人はギリシャ・ブズーキで、もう一人の楽器は忘れてしまいました(確か太鼓だったような…)。ギリシャ・ブズーキは6弦3コースで、その哀愁の音色が素晴らしく、食事をするのも忘れて聴き惚れてしまいました。その時、将来はギリシャ・ブズーキを手に入れようと決心したのですが、未だに入手していません(笑)。

2883.jpg

今回リペアーすることになったブズーキは比較的新しく、傷らしきものは何処にも見当たりません。ヘッドとトップには綺麗なインレイが施してありますが、インレイの材質は貝ではなく、プラスチックらしきもので、比較的低価格のブズーキではないかと思われます。

2884.jpg

問題の箇所は、ネックとフレットです。お客さんによると、弦高が若干高く、弦のビビりがあらゆる箇所で起こるということでした。

2885.jpg

スケール(弦長)は 26.5 インチあり、フレット数は27フレットです。多くの箇所でフレットの高さが不揃いで、確かにかなり弦がビビります。ネックの反りも大きかったので、まずトラスロッド調整でネックを真っ直ぐ(若干のネックリリーフを持たせる。つまり僅かな順反り)にしました。

2886.jpg

2887.jpg

フレットの数が多い(27フレット)ので、フレットの成形には時間が掛かりました。

2888.jpg

さて、肝心の弦高ですが、スタンダードなギリシャ・ブズーキの弦高が分かりません。いろいろと調べた結果、スティール弦アコースティックギターと同じ弦高が適しているという結果に到達しました。しかし、低音弦の4弦の高さはスティール弦アコギの6弦とは同じ高さではありません。アコギの4弦の高さに合わせます。という事で、4弦の弦高を 5/64 インチ(約 2 ミリ)、1弦の弦高を 4/64 インチ(約 1.6 ミリ)に調整しました。私はギリシャ・ブズーキの奏者ではありませんが、弾いてみると、この弦高が一番しっくりときます。

2889.jpg

弦高の調整はサドルで行いました。弦高を大幅に変える場合は、ブリッジの底を削るということも考えられますが、今回の弦高調整は僅かだったので、サドルに入っている切り込みを深くすることで弦高調整を行いました。弦のビビりは全部解消し、とても弾きやすくなりました。

2890.jpg

後日、ギターショップのスタッフから聞いた話ですが、ブズーキの持ち主は大変気に入っていたそうです。それを聞いた時、心の中で「やったー!」と思いました。やはりお客さんに気に入ってもらえると嬉しいですね。これからも頑張ります。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2015/02/26(木) 20:44:29|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。