FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネックブロックの破損 その12

前回の記事、「ネックブロックの破損 その11」の続きで、リペアーをしているのは、1972年製の Guild F-50 BLD です。

いよいよネックの角度をつけながらボディーにフィッティングしていくのですが、その前に、ネックのヒール部分に割れが生じているので、これをまず修復します。割れは両側に生じています。

2954.jpg

2955.jpg

割れた部分を開いて木工用ボンドを奥の方まで流し込むことは出来ないので、ちょっとした隙間でも浸透する瞬間接着剤を使うことにしました。

2956.jpg

接着後は、割れた部分に補強材のダボをはめ込みます。

2957.jpg

それぞれの割れた部分に穴を開けます。

2958.jpg

穴の中に補強材のダボを入れて接着します。

2959.jpg

ヒールの内側を削りながらネックに角度をつけ、ボディーにフィットさせます。

2960.jpg

ボディーとネックの間にサンドペーパーを差し込み、それを後方に引いてヒール部分の底を削ります。この方法を使うと、徐々にネックの角度が増し、隙間無くフィットすることが出来ます。気をつけなければならないのは、塗装を欠けさせないようにすることです。

2961.jpg

正しいネック角が出来上がれば、ネックとボディーの接着になります。

では次回をお楽しみに。

つづく。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2015/03/29(日) 13:23:07|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。