奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっと直った12弦のビビり

またまた弦のビビりの話です。

ギターは Stonebridge というメーカーの12弦です。Stonebridge というのは、Furch というチェコのメーカーから派生したギターメーカーです。Stonebridge というメーカーが日本で知られているかどうか分かりませんが、私は今回初めて知りました。

3060.jpg

3061.jpg

ギターが最初に持ち込まれた時は、弦高は若干高く、弦のビビりも数カ所で発生していました。

12弦ギターの弦の張力は6弦ギターに比べるとかなり大きく、ネックの反りは別として、ネックとボディーのジョイント部分からネックが前に倒れる現象が起こります。これは6弦ギターでも起こることなのですが、12弦ギターだとその現象が如実に現れます。

12弦ギターの場合は、その弦の張力の大きさから発生するネックへの負担を軽減するため、全弦を半音、または1音下げてチューニングすることもしばしばあります。しかし、この12弦ギターのチューニングは通常通りで、それにしてはネックの前起きが少ないかなと思いました。

弦を外した状態でネックの真っ直ぐさをチェックすると、ネックジョイント辺りから指板(フレットを含む)は徐々に低くなっています。いわゆる fallaway というものです。fallaway を施すことにより、たとえ弦を張った時に多少のネックの前起きが起きたとしても、弦のビビりが起こる可能性を最小限に食い止める事が出来ます。

弦を張った時のネックの前起きが少ないと言っても、やはり fallaway は無くなってしまいます。弦のビビりを無くすため、fallaway を大きくすることにしました。そして1フレットからネックジョイントの14フレットまでの中にいくつか高いフレットがあり、それもビビりの原因になっているので、全体的なフレットの擦り合せをすることにしました。

3062.jpg

フレットの擦り合せが終了し、弦を張ってサドルの高さの調整も行いました。これで弦のビビりは無くなるはず、と思ったのですが、5、6弦の7フレットから10フレット辺りがビビります。やっと直ったと思ったのに残念です。こんな事を言ったらいけないのですが、実は12弦ギターって面倒なんですよ。弦は12本あるし、その弦を外していると、弦同士が絡み合ったりして外すのも大変だし、とにかく面倒臭いのです。

ビビりの原因はネックリリーフの大きさと、fallaway の大きさが足りないのかもと思いました。ただ他の仕事でも忙しいし、弦12本を張ったり外したりが大変なので、やむを得ず、しばらくそのままにしておくことにしました。

3063.jpg

しばらくして、再びこのギターの修理に取り掛かりました。ヘッド方向からネックを覗くと、ネックの反りが若干大きく、ネックジョイント部分からのネックの前起きで、フレットがブリッジ方向に向けて下がっていない状態になっています。但し、ネック角は大きいので、弦を張った状態で、ネックにストレートエッジを置いてみると、その先はブリッジの丁度上に乗る位置になっていました。

3064.jpg

3065.jpg

ネック角には問題が無いので、ビビりの原因として考えられるのは、ネックリリーフが大きい(順反りが大きい)ということと、ネックジョイントからの fallaway が小さい、つまり、フレットの高さの下がり具合が小さいという事です。弦は弾かれると振動するので、ネックジョイントからハイポジションへ向けてのフレットが高くなっていると、そのフレットに振動する弦が触れてビビるのです。

それでまず、ネックジョイントからのフレットの高さをもっと下げることにしました。

3066.jpg

3067.jpg

フレットの擦り合せが終了した後は、トラスロッドを調整してネックリリーフを小さくします。

3068.jpg

最終的なサドルの高さの調整を行いました。恐る恐る弦を弾いてみると、弦のビビりは全く無くなっていました。

「よかったあ~。」

3069.jpg

ビビりが無くなって良かったです。12弦ギターの調整は面倒臭いです(笑)。でもこんな事を言ってはいけないんですよね。仕事ですからね。

これからもビビりとの戦いは続きます(笑)。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2015/05/29(金) 00:27:18|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (135)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。