奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1930年代 Harmony Cremona IV の修理

1930年代のギター、 Harmmony の Cremona IV をお預かりしました。

お客さんの話では最近購入したらしく、コンディションはかなり悪くなっていました。弦高は高く、フレットの高さは不揃いで、ネックジョイント辺りから最終フレットに掛けての指板が、低音弦側も高音弦側も剥がれ掛かっており、それに伴ってフレットも高くなっています。

ナットはオリジナルかどうか分かりませんが、幅が指板の幅よりも狭くなっています。ナット溝は深く、開放弦での弦のビビりの原因となっています。

ブリッジにもちょっとした問題があり、弦高もこれ以上下げられません。

ということで、これからこのギターを蘇らせます。写真で説明しますね。

3260.jpg
Harmony の Cremona IV です。1930年代のものだそうです。

3261.jpg
バックはこんな感じです。

3262.jpg
ヘッドです。

3263.jpg
このナットはオリジナルかどうか分からないのですが、ご覧のように、指板の幅よりも狭くなっています。ナット溝もかなり深いので、新しい牛骨のナットに交換します。

3264.jpg
ご覧のように、指板(高音弦側)が剥がれかかっています。それに伴い、フレットの高さも高くなっています。

3265.jpg
低音弦側の指板も剥がれかかっています。

3266.jpg
フレットの両端が尖っています。不思議ですね。フレットの形状はカマボコ型ではなく、四角い形状をしています。フレットは全部抜いて打ち換えです。

3267.jpg
フレットを全部抜きました。フレットを抜く時、ローズウッドが欠けないようにフレットをハンダゴテで熱しながら抜いたのですが、やはり古いからでしょうか、ちょっと欠けやすくなっていました。15フレットのフレット溝に穴が開いていますね。もしかしたら、過去にネックリセットが行われたのでしょうか?

3268.jpg
全フレットを抜いた後は、剥がれかかった指板を接着します。

3269.jpg
指板をサンディングして真っ直ぐにします。ネックジョイント部分からは若干下げています。

3270.jpg
新しいフレットを打ちました。

3271.jpg
フレットの高さを均一に削ります。

3272.jpg
フレットの打ち換えが終了しました。

3273.jpg
ブリッジはこれ以上下げれない状態です。サドルにもちょっと問題があります。

3274.jpg
ブリッジの土台の底を削ってブリッジの高さを低くします。表板の表面にサンドペーパーを貼ってサンディングすることにより、表板とブリッジの土台がピッタリと合います。

3275.jpg
ブリッジの上にあるサドルはおそらくアルミ製だと思います。違っていたらすみません。勝手にそう思っています。ご覧のように、サドルのアールは半径20インチです。しかし、指板のアールは半径12インチなのです。つまり、1弦と6弦を基準として弦高調整すると、真ん中辺りの3弦や4弦の弦高は低くなり、弦のビビりの原因になったりします。私の理想は、指板のアールとサドルのアールが同じになることです。

3276.jpg
ご覧のように、半径20インチのアールと半径12インチのアールではかなり違います。半径20インチのアールのままだと、3弦、4弦の弦高かかなり低くなってしまいますね。弦のビビる可能性が高くなります。

3277.jpg
サドルの両端を削り、指板と同じく、半径12インチの形状にします。

3278.jpg
新しく生まれ変わったブリッジです。

3279.jpg
ナットは新しい牛骨に交換します。

3280.jpg
新しいナットの完成です。

3281.jpg
さあ、これで修復の終了です。

弦のビビりは全くなく、とても弾きやすいギターに変身しました。ブリッジの土台の底を削り、サドルの両端を削ったので、弦高をもっと低く調整することが可能になりました。

と思ったのも束の間、ある問題が発生しました。それは何か?次回のお楽しみです。

つづく。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2015/09/24(木) 22:30:35|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (135)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。