奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブリッジの割れは何故起きた? その2

前回の記事「ブリッジの割れは何故起きた? その1」の続きです。

前回のお話では、ブリッジの前方、つまりサドルに張力が加わる重要な部分に接着剤が塗られていなかったため、その部分が割れてしまったということでした。弦の張力は約70キロあり、接着剤が塗られていないサドル前方のブリッジがその力に耐えられなかったと考えられます。

ブリッジを新しく作るのが一番の得策ですが、諸事情により、このブリッジを修復してそのまま使うことにします。

それでは今から修復です。

亀裂の中に接着剤を流し込み、サドルをサドル溝に入れたままクランプで締めます。

3403.jpg

接着剤の乾燥後、ブリッジの裏側の亀裂が入っていた部分を彫り、補強のローズウッドを埋め込みます。補強のローズウッドの木目は、ブリッジの木目に対して直交させます。下の写真でも分かるように、亀裂の周りに鉛筆で描いた線の内側を彫って補強材を埋め込みます。

3404.jpg

Dremel (ドレメル)を使って溝を彫ります。その他にもノミはナイフも使います。

3405.jpg

溝が彫れました。補強材のローズウッドは隙間が無いように嵌め込まないといけません。

3406.jpg

補強材を溝の中に嵌め込んで接着します。

3407.jpg

接着剤の乾燥後、上にはみ出した余分な補強材を削り、ブリッジの底を平らにします。

3408.jpg

いよいよブリッジを表板に接着するのですが、接着前に、接着面の塗装(このギターの場合はオイル)を全部剥がします。木と塗装との接着力は弱く、ブリッジ剥がれの原因となるので、木と木の密接な接着が一番の理想です。塗装を完全に剥がさないでブリッジを接着しているギターメーカー(高級ブランドを含む)は数多くなりますが、ブリッジが剥がれるギターが多くあるのも事実です。塗装を完全に剥がさないブリッジ接着の利点は、ブリッジの周りの塗装が綺麗に見えることです。それと塗装を綺麗に剥がす時間が省けることです。しかし、強度のことを考えると、時間を掛けてでも、綺麗に剥がすことだと思います。これはあくまでも私の個人的な意見です。


3409.jpg

ブリッジを接着します。

3410.jpg

ブリッジ接着が終了したら、サドルの溝の中にある裏から嵌め込んだ補強材を削ります。Dremel (ドレメル)、治具、ノミなどを使ってナット溝の底が平らになるように削るのですが、写真を撮るのを忘れました。下の写真は終了後です。

3411.jpg

亀裂の跡はそれほど目立たなくなりました。表からは全く分からないように、内側から補強材(木目は直交)を嵌め込んでいるので、ここからまた割れることはないと思います。いや、絶対に割れません(笑)。

3412.jpg

オリジナルのサドルはちょっと薄くてグラグラしていたので、新しいサドルを作りました。隙間無く嵌っているので、サドルが前に倒れることはありません。

3413.jpg

ブリッジの修復終了後、フレットの擦り合せなどを行い、全てのセットアップが完了しました。

3414.jpg

これで2回に渡ってお伝えしたブリッジ割れの話は終わりです。

もう亀裂が入らないことを願っていますが、もしそうなったらまた記事にします(笑)。



*********************************************


ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2016/03/29(火) 00:32:30|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (135)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。