FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

心に沁みる故 Eva Cassidy の「Over The Rainbow」

いつもギターの構造関係のことばっかり書いているので、読んでもチンプンカンプンで全然面白くない方々もいらっしゃるかもしれませんが(笑)、今回はギターの構造関係の話ではなく、あるミュージシャンの話をしたいと思います。

まず下の動画をご覧下さい。



彼女の名前は Eva Cassidy といい、アメリカのワシントンD.C. 周辺で活動していたシンガーです(もちろんアメリカ人)。「活動していた」と過去形で書いたのは、Eva は1996年11月に33才の若さで癌で亡くなっています。生前はワシントンD.C. 周辺だけでしか知られていないローカルのシンガーで、全米はもちろんのこと、世界的にも全く知られていませんでした。

Eva が亡くなった2年後の1998年、あるイギリス人が彼の友人である BBC Radio2 のプロデューサーの下へ Eva の音源を持ち込みました。そのイギリス人はプロデューサーに言いました。

「素晴らしいシンガーだから是非聴いてくれ。」

するとプロデューサーは、

「分かった。後で聴くよ。」

と言い、無造作にデスクの上に山積みになった書類の上に置きました。

するとそのイギリス人はこう言いました。

「いや、今すぐ聴いてくれ。」

それでプロデューサーはすぐにその音源を聴くことにしたのです。

プロデューサーはその音源を聴いてビックリし、そしてその素晴らしさに感動したそうです。それが上の動画で歌う、Eva Cassidy の「Over The Rainbow」だったのです。

プロデューサーはすぐに Eva の「Over The Rainbow」をオンエアーする決定を下し、故 Terry Wogan 氏が DJ を務める番組で「Over The Rainbow」が何度も流されました。リスナーの反響は大きく、シングルとして発売された「Over The Rainbow」は瞬く間に全英チャートを駆け上がり、あっという間に全英1位になりました。Eva の音源を集めた CD、「Songbird」も同年に発売され、これも全英チャート1位に輝きました。

BBC のテレビ番組に、「Top Of The Pops」という音楽番組があったのですが、これは全英チャート上位の曲を紹介する番組でした。しかし、1998年当時はまだ Eva が歌っている映像が無く、番組側も困っていました。それから2年後の2000年、アマチュアカメラマンが撮影した、Eva が「Over The Rainbow」を歌う映像が発見されたのです。それが上に掲載した映像です。「Top Of The Pops」は何度もこの映像をオンエアーしました。Eva が「Over The Rainbow」を歌っている現存する映像はこれだけなのです。

イギリスの女性シンガー、Katie Melua はこの頃10代前半で、Eva Cassidy に多大なる影響を受けたと言っており、Eva の音楽に出会わなければ、音楽を始めることはなかったかもしれないとまで言っています。Katie は2007年に Eva とのデュエット曲(もちろんリミックスされている)、「What A Wonderful World」を発売し、この曲も全英チャート1位になりました。そのデュエットが下の動画です。



そして下の動画が、Eva Cassidy が歌うオリジナルの「What A Wonderful World」です。この動画もアマチュアカメラマンが撮影したホームビデオです。



Katie Melua は「Over The Rainbow」もテレビ番組で Eva Cassidy とデュエットしており、それが下の動画になります。



Eva Cassidy の透き通った歌声はイギリス人の心を魅了しました。そして逆輸入という形で全米でも大ヒットし、全世界にその名が知れ渡ることになったのです。自分の音楽が全世界に知れ渡ることを知らずに亡くなった Eva ですが、きっと天国で喜んでいることでしょう。

1996年、Eva の癌が発見された時はもう既に末期でした。1996年9月、Eva は激痛を和らげるために強力なモルヒネ(鎮痛剤)を打ち、松葉杖をついてライブハウスに現れ、ステージ上にあるストゥールに座って最後の演奏をしました。観客は Eva の癌のことを知っており、みんな涙を流していたそうです。そして Eva が最後に歌ったのが、「What A Wonderful World」でした。

そしてこの最後の演奏の6週間後、Eva は永眠しました。



私は子供の頃から海外に憧れ、いつか行ってみたいと思っていました。10代の頃に初めて聴いた「Over The Rainbow」が、その海外への憧れといつも繋がっていました。虹の向こうにはどんな素晴らしいものがあるのだろうといつも思っていました。虹の向こう、そして「Over The Rainbow」、「What A Wonderful World」の両方の歌に出てくる青空を見つめながら、今でも遠い向こうにはきっと何か素晴らしいものがあるのだと信じながら生きていきたいと思っています。

最後になりますが、Eva Cassidy の素晴らしさは歌声だけではなく、ギター演奏も優れています。ギター演奏は9才の時から始めたそうです。「Over The Rainbow」で奏でるギター演奏は素晴らしく、YouTube ではレッスン動画もあるほどです。下の動画がそのレッスン動画ですが、みなさん練習してみては如何でしょうか?





それでは次回はギターの話に戻ります。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2016/05/05(木) 06:05:01|
  2. ミュージシャン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。