奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカ・サンタクルーズからギター製作家、Jeff Traugott 氏来英 その1

先々週の土曜日(10月15日)、久しぶりに海辺に街、ブライトンに行ってきました。目的はアメリカのギター製作家、Jeff Traugott 氏に会うためです。ブライトンにあるギターショップ、The Acoustic Music Company では、時々アメリカ・カナダから著名ギター製作家を招待しています。過去には Ervin Somogyi 氏Linda Manzar 氏William Laskin 氏などが招待されたのですが、今回はカリフォルニア州サンタクルーズ在住の製作家、Jeff Traugott 氏です。Traugott 氏は最初 Santa Cruz Guitar Company で働かれ、その後独立されました。現在、Traugott 氏のギターの基本料金は 26,500 ドル(現在のレートで約277万円)で、スティール弦・アコースティックギターの中でももっとも高い料金の一つです。私は2001年8月に Traugott 氏の工房を訪問したことがあり、今回15年ぶりに再会になります


今回久しぶりにブライトンを訪れました。約10カ月ぶりです。ブライトンはロンドンから南に位置する海辺の街で、イギリスの中でも大好きな街の一つです。やはり海はいいですね。

3569.jpg

3570.jpg

3571.jpg

ブライトンはそんなに大きな街ではないのですが、街のあらゆる所で若いバスカー達(ストリートミュージシャン)が目に付きます。

3572.jpg

3573.jpg

午後1時過ぎにブライトンに到着したのですが、Traugott 氏や他のお客さん達が来店するのは午後2時頃ということだったので、しばらく街や海辺を散策してからショップに向かいました。ショップに到着するとまだ誰も来ておらず、自分が一番乗りということになってしまいました(笑)。

3574.jpg

The Acoustic Music Company はアメリカ・カナダを中心とした個人製作家のアコースティックギターを取り扱っており、店内の壁には高級ギターがびっしりと並んでいます。

3575.jpg

3576.jpg

3577.jpg

ショップのオーナーの Trever さんはマンドリンが専門なので、店内の奥には多くのマンドリン、マンドーラ、マンドチェロが飾ってあります。

3578.jpg

3579.jpg

3580.jpg

3581.jpg

アメリカ在住の製作家、松田倫宏氏のギターも2本あります。下の写真の一番右と左から2番目のギターです。

3582.jpg

富山県在住で、Ervin Simigyi 氏に師事した製作家、荻野裕嗣氏のギターもありました。以前から複雑な模様のロゼットの塗装をどうしているのか気になっていましたが、なるほど、こういうことですね(笑)。

3583.jpg

店内には小さな工房が設けてあります。ここで Ed が週2回、ギターのメンテナンスを行っています。私が毎週木曜日にリペアーをやっているギターショップの工房も狭いですが、この工房は更に狭いです(笑)。

3584.jpg

ということで、そろそろ Traugott 氏の登場なのですが、ブログの記事を一つ仕上げるには時間が掛かり、今回も長い記事になりそうなので、2回に分けることにしました。それでは次回はTraugott 氏と彼のギターの登場です。お楽しみに。

続く。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。



ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

***********************************************

スポンサーサイト
  1. 2016/10/29(土) 09:12:49|
  2. 製作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (135)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。