FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネックブロックの破損 その13

ネックブロックの破損 その12」の続きです。

この Guild F-50BLD のリペアーに関しては、今まで12回に渡って記事を投稿して来ました。リペアー自体は既に終了しているのですが、多忙なために残りの記事のアップが滞っていました。申し訳無いです。もう少しで記事のアップは終了しますので、もう暫くお付き合い下さい。それでは「その13」の始まりです。

前回ではネック角の調整が終了し、次はネックとボディーの接合です。

ボディーの調整は全て終了しました。

3013.jpg

バインディングもパーフリングも元通りになりました。

3014.jpg

指板の周りのバインディングが3面とも剥がれていたので、接着剤を流し込み、マスキングテープをクランプ代わりにして接着します。

3015.jpg

本来ならばここでネックとボディーを接着させるのですが、下の写真でも分かるように(リペアー開始前に撮影)、指板のバインディングで欠損した箇所があります。リペアー開始前にはギターの持ち主からこの事については何も言われていなかったのですが、このままでは弾きづらいと思うので、修復してもよいか本人に確認したところ、この修復もお願いしますという事でした。ボディーとネックの接合前にこの修復を行います。

3016.jpg

バインディング白い部分の材料はあるし、簡単にサイズの調整も出来るのですが、黒白黒のパーフリングは同じサイズがありません。作るとしてもかなりの時間が掛かるので、同じサイズのパーフリングがギターの他の箇所にないかチェックしました。

そして見つかりました!

ロゼットのパーフリングです。この部分は指板で隠れるため、摘出が可能です。人間の手術に例えれば、皮膚を他の部位から切り取って傷口に移植するのと同じです。

3017.jpg

摘出したパーフリングです。この中から丁度良いサイズを探します。

3018.jpg

パーフリングは劣化しているため、長いサイズがありません。

3019.jpg

辛うじて長さは足りましたが、端の方はちょっと曲がっています。しかし、ギター全体が古くなっており、逆にパーフェクトすると違和感があるので、このままで使用することにします。万力を使って接着です。

3020.jpg

欠損した箇所に新しいピースをはめ込みます。

3021.jpg

3022.jpg

サイズ調整後、マスキングテープで留めて接着です。

3023.jpg

接着後、周囲の色とブレンドさせるため。表面に薄く色を塗ります。色はアンバー(umber)です。その後、筆を使って表面にラッカーを塗りました。ここでも周りの劣化した塗装に合わせるため、パーフェクトにする必要はありません。

3024.jpg

さあ、次はやっとボディーとネックの接合になります。ではお楽しみに。

つづく。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2015/05/14(木) 08:35:10|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ネックブロックの破損 その14 | ホーム | Santa Cruz Guitar Company のイギリスでの専属リペアーマン!!>>

コメント

いやぁすごいですね。
パーフリングを取り出し、再利用してここまで再現出来るなんて。
というかまず”完成されたギターから同じものを探す”という発想に奥村さんのプロ根性を垣間見た気がします。
見習いたいです。
  1. 2015/05/17(日) 03:45:03 |
  2. URL |
  3. travispitz #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

travispitzさん、ありがとうございます!

パーフリングの黒と白のラインはそれぞれ細いので、同じサイズを作るのは難しくて大変です。でもパーフリングというのは、同じサイズのものをギター全体に使ったりするので、もしかしたらと探したら、丁度良いところにありました。結構楽しんだ作業でした。
  1. 2015/05/23(土) 22:54:03 |
  2. URL |
  3. 奥村健治 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okumuraguitars.blog13.fc2.com/tb.php/499-d7831265
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。