FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こっ、これはないやろ?!

「こっ、こっ、これは〜?!」

先日、ギターショップ、Ivor Mairants Musicentre へ仕事に向かうと、スタッフからあるギターを見せられました。ギターは、Santa Cruz Guitar Company00-Skye でした。スコットランドのある方から、ショップで委託販売をして欲しいということで送られて来たということでした。

3132.jpg

このギターには見覚えがありました。過去に私が2回程メンテナンス、修理をしたギターだったからです。その事については、過去にブログで3回記事を書いていますので、よかったら下のリンクをご参照下さい。

トラスロッドを締めるのは、そのトラブルの原因が分かった時だけ

SCGC 00-Skye の逆反り修理

ライト・ゲージからブルーグラス・ゲージへの変更

過去の記事にも書いていますが、ここで簡単にこのギターの過去を説明すると、私のお客さんであるロンドン在住のイタリア人の方が、Ivor Mairants に入荷した SCGC の 00-Skye に興味を持っていました。彼は自分が持っている別のギターを下取りに出して、00-Skye を安く入手しようとしていました。結局希望する値段を得られず、彼はニューヨークに行った際に、現地で別の 00-Skye を手に入れたのでした。ロンドンに持って帰って来てから私に連絡があり、弦がビビるというのでリペアーして欲しいという事でした。そのイタリア人は購入する際、そのニューヨークのギターショップの店員に、弦高が高いと言うと、その店員はトラスロッドを締めて弦高を低くしたのでした。これは大きな間違いで、トラスロッドを締めるには、それを締める正当な理由が必要です。必ずしもトラスロッドを締める イコール 弦高を低くするではないのです。

3133.jpg

ネックやフレットの調整をしたり、使用する弦のゲージが途中で変わったので、それに伴って再び調整をしたりして、2回程このギターの仕事をしています。結局、このイタリア人は、あるギターショップにある別のギターが欲しくなり、この 00-Skye を下取りに出してそのギターを購入したのでした。

3134.jpg

そして下取りに出された 00-Skye を購入したのが、今回委託販売を依頼してきたスコットランド人でした。Ivor Mairants のスタッフは私にギターの底を見るように言いました。そしてギターの底を見た私は驚きました。それが下の写真です。

3135.jpg

00-Skye にはピックアップが装着されていたのですが、なんとエンドピン・ジャックが通常のエンドピンの部分に取り付けられておらず、別の部分に取り付けられていたのです。

「うわー、これは一体?!」

こんなところに取り付けられているエンドピン・ジャックは初めて見ました。ショップのスタッフも驚いていました。通常、エンドピン・ジャックの取り付けは、エンドピンを取り外し、エンドピンの穴を拡大して取り付けるのです。こんなところに取り付けてあっても気にしない人もいるかもしれません。しかし、少なくともショップのスタッフと私は気にします。これではこのギターの価値が下がってしまいます。

3136.jpg

エンドピン・ジャックを取り付ける場合、エンドピンが簡単に外れればいいのですが、接着されていたりすると簡単には外れず、エンドピンの頭を切り落として新しく穴を開けます。いきなり大きな穴を開けるのは危険なため、まずは小さな穴を開け、徐々にその穴を拡大していくのです。このピックアップを取り付けた人はそれが面倒臭くて、別の場所に穴を開けたのでしょうか?

ショップのスタッフが後でそのスコットランド人と電話で話したところ、本人はそのことに関しては何も言わなかったそうです。もしかしたら全然気にしていないのかも知れません。スタッフは誰が取り付けたのか訪ねたそうです。スコットランド人の答えは、あるスコットランドの個人製作家に依頼したということでした。何を思ってここに取り付けたのでしょう?とにかく、これでは価値が下がってしまうと思うし、スコットランド人の希望する価格で売れるのかどうか分かりません。店頭価格は 4499 ポンド(約87万円)です。気にしないで購入する人もいるのかもしれませんが、私は嫌です。最近聞いた話では、早く売るために、値段を下げることを検討しているそうです。新品の時から調整に携わってきたギターなので、こんな状態になってしまったことにちょっと寂しさを感じてしまいました。もしかしたら、スコットランド人の方もこのエンドピン・ジャックの位置が気に入らず、売ることにしたのかも知れません。因みに、ピックアップはK&K Sound の Pure Mini でした。現在のところ、まだ売れていません。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2015/07/14(火) 23:19:44|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<Collings DS2H の塗装のキズを修復 | ホーム | K & K のピックアップ、Pure Mini をインストール>>

コメント

文句なしに@@!

今まで観てきたあらゆるギターの中で文句なしにいちばんビックリしたギターです!! 
有り得ません!><!!
素晴らしい作品が台無しです! はア〜 ・・・ もはや、ため息しか出ません。
これを完璧に修復出来るとすれば神業ですよね。
  1. 2015/07/15(水) 05:31:41 |
  2. URL |
  3. アリゾナ #kpjYxc8I
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/07/15(水) 06:03:38 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ええ!

吃驚!

何故わざわざあの場所に取り付けたんだろう?

理由が知りたいです。

何らかの理由があるのだと思うのですが・・・
  1. 2015/07/19(日) 13:17:42 |
  2. URL |
  3. 輝 #YMuN7fn.
  4. [ 編集 ]

Re: 文句なしに@@!

> 今まで観てきたあらゆるギターの中で文句なしにいちばんビックリしたギターです!! 
> 有り得ません!><!!
> 素晴らしい作品が台無しです! はア〜 ・・・ もはや、ため息しか出ません。
> これを完璧に修復出来るとすれば神業ですよね。
  1. 2015/07/24(金) 23:11:24 |
  2. URL |
  3. 奥村健治 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 文句なしに@@!

アリゾナさん、ビックリでしょ。私もビックリしましたし、2回メンテをしたギターだったので、この姿を見た時にはがっかりしてしまいました。昨日聞いた最新情報ですが、このギターは売れたんですよ!ウェブサイトからの購入だったそうです。最初は4499ポンドの値段でしたが、早く売るために持ち主が値段を下げることにしたんです。3499ポンドにしたところ、すぐに売れたそうです。ウェブサイトではエンドピンジャックの写真も掲載したそうですが、ギターを買った人は全然気にしていなかったようです。ていうか、値段が下がったからかもしれませんね。

ところで、このエンドピンジャックの修復方法ですが、私だったらエンドピンジャックを正位置に装置し、後に残った穴には何か素敵なインレイをします。
  1. 2015/07/24(金) 23:18:51 |
  2. URL |
  3. 奥村健治 #-
  4. [ 編集 ]

Re: ええ!

輝さんもビックリでしょ。これは酷いですよね。
あそこに取り付けた理由は、私の憶測ですが、エンドピンを外して穴を拡大するのが面倒臭かったのかなと思います。
その後どうなったかは前のコメントに書いています。我々はビックリしますが、あまり気にしない人達もいるようですね。
  1. 2015/07/24(金) 23:24:10 |
  2. URL |
  3. 奥村健治 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okumuraguitars.blog13.fc2.com/tb.php/512-ecfc81e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。