FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロゼットの嵌め込みは慎重に

ギター製作の難しい工程の中にロゼット製作があります。トップ材に溝を掘り(彫り)、そこにロゼットをはみ込むのですが、トップ材は柔らかいスプルース(シーダーやレッドウッドも使用する)を使用するため、まず綺麗なラインの溝切りをするのに神経を使います。スプルースの木目には柔らかい部分と硬い部分あり、慎重に溝切りをしないとラインが崩れてしまいます。

下の写真は溝堀が終わったところですが、穴が2つあるのは、最初に開けた穴が若干横にずれてしまったため、新しく穴を開け直しました。今でも失敗は付き物です(笑)。

3198.jpg

以前にもこのブログに書いたことがあるのですが、私はロゼットを溝に嵌め込む前に、一つのピースとして完成させてから嵌め込みます。バインディングやパーフリングのラインが重なったトラディショナル・スタイルのロゼットの場合、ロゼットのリングの内輪と外輪を溝に嵌めてから真ん中のアバロニ(アワビ貝)のストリップを嵌め込むやり方をよく見かけます。しかし私の場合、いろいろと試してみた結果、クラシックギターのロゼットのように、一つのピースとして完成させてから嵌め込んだ方が自分にはやりやすいと判断しました。これは元ギター製作家、David Russell Young 氏の著書、「The Steel String Guitar: Construction & Repair」からもヒントを得ています。

ちょっと余談になりますが、なぜ元ギター製作家かというと、Young 氏は木粉による気管への悪影響のため、ギター製作の仕事を辞められました。今では現存する Young 氏製作のギターにはプレミアが付き、同様の理由でギター製作を辞められた Mark Whitebook 氏のギターと並んで、幻の名器と言われています。このことについては、5年前に、「幻のビルダー David Russell Young 氏とMark Whitebook 氏」という記事に書いています。

3199.jpg

ロゼットを一つのピースとして嵌め込む時に気をつけなければならないことは、溝に隙間が出来ないようにギチギチに嵌め込むことです。溝の幅が大きいと、ロゼットは簡単に嵌りますが、スプルースとロゼットの間に隙間が出来、肉眼でも乱れたラインが目立ったりします。なかなか嵌らないロゼットを無理矢理押し込むと、柔らかいスプルースを潰してしまい、修復が難しくなってしまいます。

隙間がないように嵌め込むためには、下の写真のようにロゼットの端を斜めに削ります。外輪のパーフリングの一つの色が厚い場合はそんなに問題ではないのですが、それが薄い場合は、その色が無くなってしまわないように気をつけなければなりません。

3200.jpg

下の写真はやっと2つのリングが嵌ったところです。まだ接着はしていません。アバロニ(アワビ貝)の入ったリングは、トップ材の表面と殆ど同じ高さになるように嵌め込みます。なぜかと言えば、もしロゼットの方が高くなってしまうと、表面を削って平らにする時、アバロニの模様が変わってしまうからです。折角入念に選択した模様でも、削る量が多くなってしまうと、模様がかなり変わってしまいます。

外側のリングのパーフリングは黒白黒白黒で、これは2本の黒白黒のパーフリングを前もって重ねて接着し、一つのピースとして嵌め込みます。このパーフリングは多く削っても模様は変わらないので、溝の深さよりも高さがあっても大丈夫です。ただ溝に嵌め込むには神経を使います。まず細い溝をパーフリングの幅よりも若干狭く彫るのも大変ですし、パーフリングの端は細い黒色のラインなので、これが無くならないように端を削らないといけません。

3201.jpg

まず内側のリングを嵌め込みました。トップ材の表面よりも若干高いのが理想です。

3202.jpg

外側の細いリングをハンマーで軽く叩きながら嵌め込みます。

3203.jpg

接着が終わって乾燥したら、Thickness Sander でトップ材の表面を削ります。この作業をする時は、いつも綺麗に出来上がりますようにと祈ります。

3204.jpg

あ〜良かった。綺麗に出来上がりました。

3205.jpg

トップ材とロゼットの境目のラインも綺麗なラインを描いています。

3206.jpg

ロゼットの製作工程はいつも緊張する作業です。この作業が終わるたびに、一つの山を越したという気分になります(笑)。他のギターを見る時も、このロゼットの出来具合はいつもチェックしますね(笑)。さあ、次の工程に進みます。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。


ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

************************************************



スポンサーサイト
  1. 2015/08/26(水) 21:30:10|
  2. 製作工程
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Martin HD-28 のネック角がちょっと・・・ | ホーム | パリのギターショップ>>

コメント

すごい!!!

すごい!!!
  1. 2015/08/26(水) 22:03:07 |
  2. URL |
  3. YUK! #-
  4. [ 編集 ]

巧いなあ〜♪

アリゾナじゃ、ジョンが出来合いロゼットをポン!と渡してくれて「水に濡らしてタイト
ボンド塗ってハメて重しをかけときゃ直ぐ乾く」と教えてくれた方法しか知りません^^!)
  1. 2015/08/29(土) 04:53:29 |
  2. URL |
  3. アリゾナ #kpjYxc8I
  4. [ 編集 ]

Re: すごい!!!

YUK!さん、ありがとうございます!
これからも頑張ります!
  1. 2015/09/28(月) 07:13:24 |
  2. URL |
  3. 奥村健治 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 巧いなあ〜♪

アリゾナさん、ロバートベンを卒業してから学んだことも沢山ありますからね。
ロゼットの嵌め込みもその一つです。
  1. 2015/09/28(月) 07:18:17 |
  2. URL |
  3. 奥村健治 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okumuraguitars.blog13.fc2.com/tb.php/517-f9fdbadf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。