FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカ・サンタクルーズからギター製作家、Jeff Traugott 氏来英 その2 最終回

皆様ご無沙汰しています。約9ヶ月半もブログの更新をサボってしまいました。別に病気とかになったのではなく、ただ仕事が忙しくて執筆の時間がなかなか取れず、同時にサボり癖がついてしまっただけです。長期間に渡りブログの更新がなかったにもかかわらず、いつもブログにアクセスして頂いた方々には心より感謝しています。前回の記事「」の続編を待っておられた方々も多くいらっしゃると思います。長期間待たせてしまったことを深くお詫び申し上げます。続編は去年ある程度書いていたので、文章中に出て来る数字は去年の時点での数字になります。それでは続編です。



前回の記事、「アメリカ・サンタクルーズからギター製作家、Jeff Traugott 氏来英 その1」の続きです。

アメリカ・カリフォルニア州のサンタクルーズからギター製作家、Jeff Traugott 氏が来英し、ブライトンにある The Acoustic Music Company を訪問し、Traugott 氏のトークを聴きに行きました。2001年8月に Traugott 氏の工房を訪問して以来なので、15年ぶりの再会になります。

ショップへはちょっと遅れて行こうと思ったのですが、結局一番乗りになってしまい、次に現れたのが Traugott 氏と奥さんでした。久しぶりの再会に固い握手を交わしました。まだ他には誰も来ていなかったので、しばらく話をすることが出来ました。前日にイギリスに到着したばかりで、3ヶ月の長期休暇でヨーロッパをいろいろ周るそうです。アメリカに帰るのは来年の一月になるとのこと。

さて、Traugott 氏のギターですが、既にコアモデルがショップでは販売されています。Traugott 氏のギターの基本料金は26,500ドルとかなり高価ですが、基本モデルでさえ、トップ材にはジャーマン・スプルース、バックとサイド材にはブラジリアン・ローズウッドといったように高級で希少価値のある材が使用されています。ショップに置いてあるコアモデルの値段は約27,000ポンド(約400万円)で、かなり高い値段に設定されていました。

3585.jpg

3586.jpg

3587.jpg

3588.jpg

3589.jpg

コアモデルを試奏させてもらいましたが、やはり素晴らしいギターでした。現在ブラジリアン・ローズウッドの輸出入はワシントン条約でかなり厳しく、その理由でコアモデルが置かれているのだと思います。今まで話した人の中には、アコースティックギターはやはりローズウッドかマホガニーでないといけないと言って、コアの音色を嫌う頑固な方々がいらっしゃいましたが、私はコアは素晴らしい材だと思っています。

3590.jpg

Traugott氏と記念撮影です。

3591.jpg

下の写真は、2001年8月にTraugott氏の工房を訪れた時のものです。

3594.jpg

3592.jpg

3593.jpg

ショップでの来訪者との談笑の後、希望者は近くのレストランでTraugott氏と共に食事をしながら氏の仕事の話を聞くことになっていたのですが、私はロンドンへ戻るのが遅くなってしまうのでレストランへは参加しませんでした。しかし、それから数日後、今度はロンドンでTraugott氏と再会しました。私のお客さんが近所に住んでいるのですが、そのお客さんはTraugottギターを所有しているので、Traugott夫妻がそのお客さん宅に招待され、私も呼ばれました。お客さん所有のTraugottギターをチェックしながらギター話に花が咲きました。Traugott氏とはギター製作話をいろいろとすることができ、大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。細かい作業の話はもちろんのこと、なぜギターの基本価格を3倍に設定するに至ったかなど、凄くためになるものでした。そのお客さんのTraugottギターは私が3回ほどメンテしているのですが、Traugott氏本人から仕事を褒めて頂いて大変嬉しかったです。

そのお客さんはTraugottギターの各弦の幅を広げたいという考えがあり、そうなるとネックを新しく作り直さないといけないという話になりました。Traugott氏はネック材を送るので、私がネックを作ればいいと提案して下さいました。Traugottギターのネックを作るという光栄な話だったのですが、結局はそのままにしておくということになりました。本当は作りたかったんですけどね。

ということで、Traugott氏とは有意義な時間を過ごすことが出来ました。この数日後、Traugott夫妻は3ヶ月間のヨーロッパ旅行に出発されました。



それではなるべくサボらないようにブログを続けていきますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。尚、ブログの更新をずっと待っているとコメントして下さった菅原様には大変感謝しています。ありがとうございました!



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。



ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

***********************************************

スポンサーサイト
  1. 2017/08/03(木) 08:51:36|
  2. 製作家
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<H SEEDS よりインタビュー取材を受ける | ホーム | アメリカ・サンタクルーズからギター製作家、Jeff Traugott 氏来英 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okumuraguitars.blog13.fc2.com/tb.php/552-3587f93b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。