FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lowden S-25 の順反りリペアー その1

約9ヶ月半ブログの更新をサボった後、最近更新を再開しましたが、まだギターの構造に関しての記事は書いていないので、何の記事にするかいろいろと考えました。ずっと仕事はしているのでネタはいっぱいあるのですが、今回はよくあるトラブルで、ネックの順反りで弦高が高くなって弾きづらいギターのお話です。

修理したギターは Lowden S-25 です。私はLowden Guitars の公認リペアーマンをやっているため、Lowden のリペアーを頻繁にやっています。お客さんはこのギターを中古で購入したそうなのですが、弦高がかなり高いということで私の工房へ持って来られました。

3601.jpg

ご覧のように弦高がかなり高いです(下の写真)。

3602.jpg

弦高は6弦の12フレットで 10/64 インチ(約4ミリ)あります。かなり高いですね。これでは弦を押さえるのが困難です。弾き方や音楽のスタイルによって弦高の数値には若干の違いはありますが、弦高は6弦の12フレットで 6/64 インチ(約2.4ミリ)、1弦の12フレットで 4/64 インチ(約1.6ミリ)が理想です。但し、ちょうど良いネックリリーフ(弦を張った時の緩やかな順反り)とネック角の場合です。

3603.jpg

ヘッドからネックの反りをチェックしてみると、かなり順反りしているのが分かります(下の写真)。これは6弦側です。

3604.jpg

1弦側もかなり順反りしています(下の写真)。

3605.jpg

全弦を緩めてみましたが、それでもネックは順反りしています(下の写真)。

3606.jpg

トラスロッドを時計回りに回してネックを真っ直ぐにしました(下の写真)。

3607.jpg

全弦を再び張って弦高をチェックしました。6弦の12フレットの弦高は 8/64 インチ(約3.2ミリ)まで下がりました(下の写真)。それでもまだ高いですね。理想の弦高の 6/64 インチ(約2.4ミリ)にするにはあと 2/64 インチ(約0.8ミリ)下げなければなりません。ネックは真っ直ぐに調整しており、全弦を張った状態でちょうど良いネックリリーフになっているので、次はサドルを削って弦高を下げます。

3608.jpg

12フレット上の弦高を 2/64 インチ(約0.8ミリ)下げるには、サドルをその2倍の 4/64 インチ(約1.6ミリ)低くしなければなりません。サドルにはまだ高さがあるので(下の写真)、サドルの底を削って低くします。もしこの時点でサドルがかなり低い場合はネックリセット(ネックをボディーから取り外してネック角を矯正する)になります。

3610.jpg

サドルを低くする前に、フレット上にストレートエッジを置いてネックの状態をチェックします(下の写真)。このギターには Fallaway が施されていないため、ストレートエッジは1フレットと最終フレットの上に乗っています。写真ではわかりにくいかもしれませんが、ネックジョイント辺りのフレットとストレートエッジには隙間が見られます。この状態でサドルを削って理想の弦高にしたとしても、ほぼ100%の割合で、8フレット辺りからネックジョイント辺りのフレットを押さえると弦がビビります。弦の振動が最終フレット辺りでフレットに触れるからです。これは Fallaway を施してないギターによくあるトラブルです。Lowden の昔のモデルには Fallaway が施していないものが数多くあります。

Fallaway とは、ネックジョイント辺りから指板を低くすることです。そうすることにより、弦の張力でネックが前方に傾いたとしも(元起き)、弦の振動が最終フレット辺りに触れることはありません。Fallaway を施していないギターの場合は、ネックジョイント辺りからフレットの高さを徐々に低くします。

3609.jpg

このギターはネックジョイントの14フレットではなく、13フレットからフレットを低くしていきます。なぜ13フレットなのかということは、またいつか別の機会にお話したいと思います。

3611.jpg

13フレットから(13フレットの高さはそのまま)徐々にフレットを低くしてフレットの擦り合わせをします。

では続きは次回お話します。お楽しみに!

続く。





*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。



ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

***********************************************



スポンサーサイト
  1. 2017/08/11(金) 02:03:10|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Lowden S-25 の順反りリペアー その2 最終回 | ホーム | H SEEDS よりインタビュー取材を受ける>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okumuraguitars.blog13.fc2.com/tb.php/554-dde2b867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。