FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Lowden S-25 の順反りリペアー その2 最終回

前回の記事、「Lowden S-25 の順反りリペアー その1」の続きです。

この Lowden S-25 は Fallaway (ネックジョイント辺りからハイポジションに向けて指板を徐々に低くする)が施されていないため、フレットを徐々に低くすることにしました。13フレットを頂点に14フレットから低くします。なぜ13フレットなのかは別の機会にお話ししたいと思います。

3612.jpg

フレットを徐々に低くしてからフレットの擦り合わせが終わりました。

3613.jpg

弦を張ってストレートエッジでチェックしてみましたが、もっとフレットを低くする必要があるようです。下の写真では分かりにくいかもしれませんが、ストレートエッジはまだ1フレットと最終フレットの上の乗っています。

3614.jpg

下の写真でも分かりにくいかもしれませが、ネックジョイント辺りのフレットとストレートエッジの間に隙間があります。この隙間がもう少し小さくなる方がいいですね。ということで、もう少しフレットを低くすることにしました。

3615.jpg

面倒ですがもう一度フレットの擦り合わせをします。

3616.jpg

ご覧のように(下の写真)サドルには低くできる高さの余裕があります。12フレットで 2/64 インチ(約0.8ミリ)低くしたいので、サドルはその2倍の 4/64 インチ(約1.6ミリ)を削って低くします。

3617.jpg

サドルを外してみると、サドルスロットの底にはシムが敷かれていました(下の写真)。もうこのシムは必要ありません。

3618.jpg

面倒ですが、もう一度シム無しでチューニングをし、削る数値を計算仕直しました。ちょうど良い弦高では、サドルの高さは下の写真のようになりました。

3619.jpg

フレットはご覧のような仕上がりです(下の写真)。

3620.jpg

ストレートエッジをフレット上に置きます。ストレートエッジは最終フレットではなく、16フレット辺りに乗っているのでこれでよしとします。

3621.jpg

ヘッドからネックを覗くとご覧のようになりました(下の写真)。ちょうど良い順反りになっています。本当はネックジョイント辺りから指板が下がっているのがいいんですけどね。しかし弦がビビらなければオッケーです。実際に弦は全フレットでビビリませんでした。弦高は6弦の12フレットで 6/64 インチ(約2.4ミリ)、1弦の12フレットで 4/64 インチ(約1.6ミリ)に調整しました。

3622.jpg

ネックリリーフ(若干の順反り)の数値は .012 インチです。ネックリリーフの数値は .006 インチから .012 インチぐらいがちょうど良いと思います。.012 インチというのは分数で表すと 12/1000 インチということになります。ミリだと 0.3048 ミリになります。日本の方にとって .012 インチは分かりにくいと思いますが、弦のライトゲージの1弦を想像して下さい。弦のパッケージには1弦の太さが .012 と表記されているはずです。そうです、弦の太さは 1000分の何インチで表記されているのです。とういことで、このギターのネックリリーフはライトゲージの1弦の太さです。

3623.jpg

これでこのギターの作業は終了です。

3624.jpg

3625.jpg

弦のビビりもなくなり、弦高も低くなって弾きやすくなったので、お客さんには凄く喜んで頂きました。このギターのサドルには低くできる十分な高さがありましたが、もし高さに余裕がない場合は、ネックリセット等の他の方法を考えないといけません。

では2回に渡ったリペアーの話はこれで終了です。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。



ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

***********************************************

スポンサーサイト
  1. 2017/08/13(日) 02:38:45|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「沖縄デー2017」にアコースティックギターで参加 | ホーム | Lowden S-25 の順反りリペアー その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okumuraguitars.blog13.fc2.com/tb.php/555-d86a6ac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。