FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その7

アコギブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

*********************************************


前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その6」の続きです。

前回は破損したネックヒールをダブテイルジョイントから取り外すところまででしたが、ネックヒールの修復は後回しにして、今回は切り落とした指板の修復を先に行います。

どうやってもダブテイルジョイントの隙間が見つからず、苦渋の決断で15フレットから指板を切り落として隙間を見つけることにしました。14フレットのネックジョイントから切り落としてしまうと、切り落とした指板を繋ぎ合わせることが困難になるため、繋ぎ合わせが可能な15フレットから切り落としました。

それでは指板修復の写真を14枚掲載しましたので、それぞれの写真の下にキャプションとして工程の説明をしたいと思います。

3690.jpg
まず接着面が平らな MDF のピースを2個、指板の底面に接着します。

3691.jpg
MDF のピースの接着が終了後(乾燥後)、切り落とした指板をその MDF の上に乗せて接着します。まだ完全ではありませんが、切り落とした指板が定位置に固定されました。これで底面は平らです。

3692.jpg
指板の底面が固定された後は、今度は指板の上から2個の MDF のピースを接着します。MDF のピースで指板をサンドイッチにしました。

3693.jpg
2個の MDF のピースで指板を挟み、これで指板は固定されました。しかしこれは仮の固定です。繋ぎ目の隙間はちょうど切り落としに使ったノコギリの刃の厚さです。この隙間も後で修復します。

3694.jpg
指板の繋ぎ目には表側と裏側から MDF のピースを接着していましたが、裏側の MDF を取り除きます。表側から固定されているので大丈夫です。裏側の MDF をノミ等を使って削り取って表面を平らにし、繋ぎ目の両端にローズウッドのピースを繋ぎ、そして補強として埋め込みます。

3695.jpg
ここは機械が使えないので、ノミを使ってローズウッドのピースがちょうど嵌る溝を彫ります。溝の深さは指板の厚さの半分くらいです。

3696.jpg
指板の両端の溝が彫れました。ここに繋ぎ、そして補強としてローズウッドのピースを2個嵌め込みます。

3697.jpg
ローズウッドのピースを接着中です。

3698.jpg
ローズウッドのピースの接着が終わったら、上にはみ出ていた部分を削って全体の表面を平らにします。

3699.jpg
両端の補強だけでは十分ではないので、真ん中の部分にもローズウッドのピースを嵌め込みます。

3700.jpg
補強のピースが両方の指板にまたがるように、ダブテイルを少し削って指板がもっと露出するようにします。

3701.jpg
埋め込みが終了しました。

3702.jpg
次は指板上部の MDF を削り取ります。

3703.jpg
指板上部の MDF を取り除きました。これで指板の繋ぎ、補強は終了です。しかし、これで強く繋がっているわけではありません。最終的に、指板がトップに接着され、フレットが嵌め込まれてから一つの固定されたピースになると考えています。

それでは指板が繋がりましたので、次回からは破損したネックヒールの修復に取り掛かります。では次回をお楽しみに!

続く。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。



ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

***********************************************



スポンサーサイト
  1. 2017/09/12(火) 12:11:31|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その8 | ホーム | 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okumuraguitars.blog13.fc2.com/tb.php/563-73ff3d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。