FC2ブログ

奥村健治アコースティックギター製作 IN ロンドン

ロンドン在住の個人製作家によるギター製作ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その8

アコギブログランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

*********************************************


前回の記事「1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その7」の続きです。

前回は切り落とした指板の修復を行いました。次はいよいよ破損したネックヒールの修復を行います。

3704.jpg

亀裂から綺麗な形で割れたしまったので、まずは接着面に隙間がないようにクランプで締めて接着します。(下の写真)

3705.jpg

3706.jpg

接着が終了しました。隙間はありません。この亀裂の部分には後でラッカー液を塗ります。(下の写真)

3707.jpg

3708.jpg

ネックヒールの底面に2つの穴を開けます。穴はかなり深く開け、ここに後で2本のダボを繋ぎ、そして補強として入れます。(下の写真)

3709.jpg

ということで、今回はここまでです。次回は削り取ってしまったダブテイルの再生を行います。では次回をお楽しみに!

続く。



*********************************************

ブログランキングに参加しています。よかったら下のアイコンをクリックしてランキングを覗いてみて下さい。



ギター ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村

***********************************************



スポンサーサイト
  1. 2017/09/15(金) 13:46:50|
  2. リペアー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その9 | ホーム | 1953年製 Gibson J-50 の大掛かりなリペアー その7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okumuraguitars.blog13.fc2.com/tb.php/564-3cb5ab49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

奥村健治

Author:奥村健治
アメリカでギター製作を学び、現在イギリス・ロンドンにてアコースティックギター製作に励んでおります。長崎県佐世保市出身

Santa Cruz Guitar Company, Bourgeois Guitars, Lowden Guitars の英国でのリペアーマンもやっています。

www.okumuraguitars.com
www.okumuraguitars.tumblr.com
https://twitter.com/okumuraguitars
https://instagram.com/okumuraguitars/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

挨拶 (17)
製作家 (20)
ギターショップ (8)
製作工程 (74)
リペアー (139)
道具・工具 (25)
機械 (5)
治具・テンプレート (16)
インレイ (25)
木材 (9)
材料 (13)
ピックアップ (10)
作業場 (1)
ミュージシャン (38)
ギター情報 (11)
ギター紹介 (24)
メディア (7)
ロンドン情報 (10)
イギリス情報 (6)
書籍 (5)
紹介 (4)
出来事 (20)
ギター雑誌 (5)
ギターショー (14)
塗装 (18)
ピックガード (2)
日本滞在 (22)
未分類 (0)
デザイン (1)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。